2008/01/07

[木鐸]   なんで新書って寝言しか書いてないの?

at 08:03JST
 
明らかに民族保守(バカ右翼)の自慰本なので目次しか見なかったのだが、こんなアホなたわごとが書いてあったのか。

一度も植民地になったことがない日本 - mizuno_takaakiの日記
http://d.hatena.ne.jp/mizuno_takaaki/20071223/1198390518
なぜ「南蛮人」は「蛮」という時が入ってしまっているのか、という考察もおもしろい。ヨーロッパ人は風呂に入らなかったので、当時から清潔だった日本人にはやたらと野蛮に見えたんじゃないか、という。イエズス会では、日本に布教に行くときには風呂に入れ、というお達しが出てたらしい


バカですか。

南蛮は中国由来のことばで南方の異民族を指すことばだろう。日本に到達する際に、当時貿易が盛んだった南方からやってきたために当時の内地の人々にとっては「南方の人間」というイメージがあって転用されただけ。さげすむ意のある「蛮」の字を入れたのは中国人で、北狄だの匈奴・鮮卑だのと同様だ。こんなの中学校で習うだろ。デュランれい子は義務教育受けてないのか?

あとヨーロッパに風呂の風習がないというのは、「そろばんは日本固有の文化」と主張するのと同レベルだよ。

読むに値する本って、ほんと少ないな。特に最近の新書は読むだけ人生の貴重な時間を無駄にさせるものが多い。国家の品格とか。
関連しそうな過去記事:
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。