2007/11/04

[雑記]   910SHでアーティスト情報付きの楽曲データを扱う

at 09:38JST
 
MP3で保管してある楽曲データを910SHで再生したいときは、

・MP3をiTunesに放り込む

・iTunesで右クリックしてAACに変換

・「My Music\iTunes」フォルダにm4a形式でデータが出力される

・microSDの「\PRIVATE\VODAFONE\My Items\Music」に放り込む

とやればいい。

が、これだと
・楽曲のメタデータに入ってるアーティスト情報などを
 910SHがまったく参照できない
という問題がある。アルバム単位、アーティスト単位での再生ができないのだ。

ちょっと手が空いたのでどうすればこの問題を解決できるか調べた。結論は、直接microSDに放り込むやり方ではダメ、というもの。

松下のSD Audio準拠の音楽配信ソフトを使ってmicroSDに書き込まない限り、楽曲のメタデータは使用できない。

用意するもの:
・SD Audio準拠ソフト。
 @niftyが提供している
  - MOOCSPlayer
   http://moocs.com/download/
 は無料(取得に@nifty IDが必要)。
 ぼくは昔アキバで980円で投げ売りされてた松下のソフトを使ってたが、
 もういい加減インストールが大変(Me用なので!)だから乗り換えた
・著作権保護対応のmicroSDメモリーカードライタ
 910SHに添付のUSBケーブル+ドライバを保管してあるなら、
 それをつなげるだけでよい

んでもって、あとはMP3データをMOOCSPlayerに放り込み、SDカードに転送してもらえばよい。アーティスト別、アルバム単位のプレイリストを自動的に作成してくれる。ただ、こうするともうMy Items\Musicフォルダで管理できなくなって、何かと面倒なんですが。まあ、昔のJ-SHシリーズあたりの時代に戻っただけか。

910SHをカードライタとして使う場合の問題:
・つなげかたがわかりづらい
 先に910SHで「カードリーダモード」を起動してからUSBケーブルをつなぐ。
 順序を逆にすると910SHがモデムとして認識されてしまう
・オフラインモードになってしまう
 着信できません

MOOCSPlayerの問題点:
いや、個人的には昔の松下のソフトに比べるとかなりよくなってると思うんだけどさ…。
・コンバート・転送に時間がかかる
 300曲くらいまとめて転送しようとしたら数十分かかる。
 まあ、iTunesでAAC変換するときの「なんのプログレスバーも出ない」
 ひどいUIに比べたらずっとマシだけどね。
 数曲転送するだけならあっという間

なので、頻繁に利用するなら専用のカードリーダを使った方がいいだろう。

あたり。

しかしmicroSDは抜き差ししてるといつか壊れそうだからイヤなんだよね…。これ、活線挿抜テスト何回くらいしてるんだろう。



関連しそうな過去記事:
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。