2007/08/10

[300]   たわしの仔

at 05:40JST
 
夏。未明のぼんやりした道を、近所のコンビニへととぼとぼ歩く。ふと見ると、手の平にのるようなちいさなたわしが道のまんなかに落ちている。無造作に近づいたら、風もないのにさわさわと転がるようにぼくから逃げた。いぶかしみつつ、こんどは驚かさないようじりじりと近づいてみた。ちいさなたわしは、そのままじっと様子を伺っている。さらに味をしめて、そうっと腕をのばし「チチチ…」と声をかける。たわしはまだ動かない。これなら捕獲できるかもしれない。さらに歩み寄ってみる。するとたわしは「みい」とちいさく鳴いて、ころころと向こうの車の陰へと転がっていき、あっという間に見えなくなった。今度はメガネを忘れずにかけてこよう。

関連しそうな過去記事:
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。