2007/06/11

[木鐸]   「減っていない」自殺件数

at 15:45JST
 
6日ごろの報道で、
「年間の自殺者数が3万人を割った」
という話があった。厚生労働省の発表。

…体感でそんなに変わった気がしないのにね。なにをもってして“体感”としているのかと言われても困るが。閣僚すら自殺しているというのは証左になりませんか?

で、実は7日に警察庁がまとめた報告によると、
「昨年の自殺者数は32,155人」
だという。

学生・生徒の自殺過去最悪 総数9年連続3万人超
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200706070201.html
(cache)
http://megalodon.jp/?url=http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200706070201.html&date=20070611152006

えーと…どうしてそんなに差が出ますか。

もちろん、ぼくも管轄省庁によって「差が出る」こと自体はしょうがないと思う。でも、かたや3万の大台を割り、かたや3万超でほとんど変わらないというのはいかがなものか。

元データはこんな感じ。

・厚労省側
「平成18年人口動態」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai06/dl/gaikyou.pdf
平成18年 29,887人
平成17年 30,553人
 →前年比666人減
過去の推移をわかりやすくグラフにしたもの:
http://d.hatena.ne.jp/kitano/20050628/p1

・警察庁側
「平成18年における自殺の概要資料」
http://www.npa.go.jp/toukei/chiiki8/20070607.pdf
平成18年 32,155人(厚労省比+2268人)
平成17年 32,552人(厚労省比+1999人)
 →前年比397人減
過去の推移をわかりやすくグラフにしたもの:
http://www.t-pec.co.jp/mental/2002-08-4.htm

えーと。
例年2千人の差があることについては、百歩譲って見逃そう。
でも、厚労省側の対警察庁比の差が、18年になって300人ぶんも増えているわけですが。統計手法が異なっているとしても、さらに300人足きりになった理由がわからん。そしてすばらしいのは、

「+300すると、厚労省側の数字でも30,187人となり、
 3万人を切らない!」

ということだ。

参院選を目前にして、3万人以上のままと3万人以下になったのとでは大きな意味の違いがあるよね。

なんせこの国は、保育所待機児童ゼロ作戦(公約不履行のままですね)のときも
「待機児童のカウント方法を変えて、
 統計上待機児童が減ったように見せかけた」
という前科もちなので。同様の例は過去枚挙にいとまがないし。そういうなかで、厚労省の発表に恣意的なものがあったとしてもぼくは何も驚かない。

さらに、それがアベちゃんに指示された結果の作業だったとしても、もーなにも驚きません。

ただ、たまたまこの覚え書きを読んだ人に記憶にとどめておいてほしいのは、
「自殺者が多いなんてサヨクのまやかし。
 実際にはアベちゃんの努力で自殺者は減りました」
とか言うヤツがきっといるだろうけれど、そいつは自分にとって都合のいい資料を引っ張ってきているだけだということ。おまけにその資料はどうも眉唾だということ。もし、そういう主張をする人がいたら、その人の言うことは全面的に信用しないほうがいい。

忘れてはいけない。問題は、
「10年ほど前に自殺者数が突然3万人の大台に乗り、
 そしてその趨勢は変わっていない」
ということだ。雇用変動で何人か“犠牲者”が減っているのは百も承知。でも、基本的に多いという事実はやっぱり変わっていなくて、これはぼくらの社会に何かおかしなところがあるという証拠にほかならない。その「おかしなところ」はなんなのか。いったい何が起きているのか。それをまじめに見据える必要がある。

厚労省に「どうしてこういった差が出るのか」ということを問い合わせるとさらに面白いのだろうけれど、時間がもったいないので今日は見送る。


自殺関連では、ほかにもひどい「統計いじり」があったけどみんな忘れてるよね。リンクしてトラックバックしておこう。

保坂展人のどこどこ日記 残業代不払い法案の見送りと「いじめ自殺ゼロ」の検証
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/a05f26f4ea82c996b3f230fdd72136ca

関連しそうな過去記事:
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。