2007/06/05

[技術系]   ホームページエディタ:「KompoZer」がけっこう使える件

at 08:18JST
 
いわゆるホームページエディタは、こと「無料」のものについて言えば

a・HTMLの細かいことを知りたくない“アマ”の人が気楽に使える
b・デザインをやる“プロ”の人の作業を妨害しない

という二点を兼ね備えたソフトがなかなか見あたらない。有料ならDreamweaverがあるが、もはやPhotoshop並みに高価になってしまったのでキツいし。

さらに、bの条件を大目に見ても

1・サーバへのアップロードまで一貫して面倒見てくれる
2・スタイルシートを読める
3・日本語化されている
4・あまりバグがない

というものになると、もはや本当に存在しない…ような気がしていた。

しかし、かつての「Netscape Composer」の流れを再度追っかけてみたら
「KompoZer」(コンポーザー)
という一族が、意外に使えるレベルに仕上がっているのがわかった。

Netscape Composer→Mozilla Suite→Nvu
系の子孫だが、バグバグで放置されているNvuにパッチを当てたものらしい。おまけに日本語ローカライズのリソースがちゃんとある!…アンオフィシャルなものだからNvuと状況大して変わらないって? ま、そのとおりなんだけどね。一年前までメンテされてたっつーのは、少しだけうれしいじゃん。

こんな画面。
20070605kompozermage1.png


画面右側がホームページを編集しているようす。もちろんワープロライクに制作できる。中身はFirefoxと同じだから、実際にブラウザで見たときと表示は変わらない(IEは別として…WYSIWYGに編集していてIEでおかしくなることはたぶんない)。

左側には「サイトマネージャ」があって、借りているサーバのハードディスクの中身を一望できる。それで、ここで編集したいHTMLファイルを選択すれば、そのまま右側でいじれるというわけ。

“プロ”の視点からすると、
>2・スタイルシートを読める
のが大きい。編集中でもスタイルが反映されたままだから。うまくコーディングすれば、
「デザインをキチキチに作り込んでも、
 文字の修正などはクライアントが自分で気楽にできる」
という作業分担が可能だ。

“マジでプロ”な人からすると、ややHTMLソースの改行をいじるキライがあるため、
>b・デザイン作業をやる“プロ”の人の作業を妨害しない
という部分で少し疑問符がつくけれど。まあ、このあたりはなんとかなるものだよ。
(そもそもホワイトスペース互換を気にするのはデザイナーじゃなくてコーダーですね)

なんといっても無料だし。
これなら、ぼくの
「他人のホームページ、勝手にタダで作るよキャンペーン」
に使えるわ。

ドロップシッピング使ってアイテムつくるのとかはやってもらわないと困るが。
http://www.misetsuku.jp/


とはいえふつうの人がインストール作業するのはあまりおすすめしないKompoZerのサイトは以下:

KompoZer - Nvu's unofficial bug-fix release
http://kompozer.net/

右端に「ja-JP」として日本語ランゲージパックがある。SourceForgeの問題か拡張子zipとしてダウンロードされてしまうのでxpiに直し、本体を起動後に
「ツール」→「機能拡張」
から参照してインストールする。

関連しそうな過去記事:
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。