2007/05/24

[雑記]   PC砂漠

at 05:53JST
 
不忍通り沿いに中古OAショップがあるのだが、今日、前を通ったら潰れていた。

つい一年前にできたばかりのはずなのだが、コンセプトが迷走していたと思ったらやっぱりか。

ここは綾瀬にある(らしい)店の出張所で、もともとは本店と同じくコピー機などのほか中古PC・周辺機器を売っていた。いいルートをもっているらしく、19インチのナナオの液晶が美品1万円(当時)とか、ほほおと思うような品揃えも。

ただねえ、こういう街なかのコアなPCショップってのはすごく難しいんだよね。ふつうの人には縁遠いし、詳しい人にはアキバ並みの品揃え・値段とも満足感を与えられない。すると売れない。悪循環で潰れる。

以前(フリーウェイ倒産前)、北千住の日光街道ぞいにツートップがPCパーツショップを構えていた。たぶんサポートセンターの余剰パワーを使って回してたんだろう。アキバまで行かなくてすむし、混まないしで重宝させてもらった。のだが、それでも採算に合わなかったらしく閉店してしまった。

こういうロケーションにPC関係の店舗は似合わない。やがて潰れ、あとにはペンペン草も生えないPC砂漠。

くだんの店も、最近それを悟ったのか、簡単なオフィスサプライの販売とコピー代行だけの業態に切り替えて糊口をしのいでいた。でもダメだったみたい…というかテナント契約のつじつまを合わせてただけかな。

ところでこのPC砂漠でも人知れず生き残っているベドウィン族がいる。よみせ通りにある、怪しげなパソコン教室である。

ここはいつも「働き手募集」のカンバンを掲げていて、しかもそれが生徒募集より字が大きかったりする。儲かっているのかいないのかわからんところである。たぶん後者。

で、おかしいのは
「パソコン自作教室。
 8歳から」
なんて旗も掲げているトコ。老人街のこの街で! しかも無意味に低年齢層にアピール! 絶対客来てないと思う。でもそれでいながら何年も続いているのが、謎というかベドウィンの逞しさというか。

昨日通り掛かったら、またへんな広告を出してた。

「中古チューンアップ済みPC
 25000円」

読んでみると、昔のコンパックのPCでセレロン500MHz+メモリ128Mくらいのを、ペンティアムIII 1GHz+512Mに換装し、Windows 2000Proを載せたものらしい。

…まあ、そんなに悪くない。1Gもあればメールの読み書きには十分だ。

ただ気になるのは、これを見てお買い得度を正確に判断できる人がこの界隈で杖をつきながら歩いている中にいなさそうなのと、Windowsが正規品だとして原価差っ引いたら、これ儲けいくらになんの…?ということだ。よくて5000円…。自作を好きでやってるんじゃなきゃ、こういうことはしない気がする。

なんだか砂漠の遊牧民が自家製チーズをオアシスで売っているような感じだ。まあ、そこまでわかる人が運営している教室なのは重々承知した。

そんで恐る恐る店のほうを見やると、ガラス戸ごしに大きくて古びたオシロスコープだかなんだかが置いてあるのが見えた。わあ。ハード屋か。

…ベドウィンではなく、砂漠で隠遁生活を送る変人なのかもしれない。

そんなPC砂漠。



関連しそうな過去記事:
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。