2007/05/17

[技術系]   QBASICを大いに盛り上げる会

at 00:45JST
 
QuickBASICのことを思い出して懐かしくなった。

ぼくは長くMSX派だったので(塾講師の教材もMSXで自作したワープロで作ってた時期がある)実際には使ってなかったのだけれど、QuickBASICは魅力的だった。今思い起こしてもステキなIDE環境だと思う。

ということでQuickBASICに触ってみることにした。

といってもそのサブセット版であるQBASICのほうである。あまり知られていないですが、奥さん、QBASICは無料でWindowsに添付されてるんですよ! Windows 95/98だけどね。なぜXPやVistaに添付しない!>MS

ライセンス上グレーだが(真っ黒かも)、Windows 95のCDをもっている人なら今でもQBASICを楽しむことができる。CDの
「other\oldmsdos\」
フォルダに入っている以下のファイル群を、パスの通っているところにコピーすればいい。
20070517mage3.png

ヘルプまで含めて640KBディスクに入ってしまう小ささ! 昨今巨大化するいっぽうのPerlバイナリなどに見せてやりたい。

そんでもってXPのコマンドプロンプトを起動。えーと、QBASICは日本語・空白の入ったファイルパスに弱いので、c:\などに降りて実行してください。そんでもって日本語モードでは動作しない(ことになっている)ので、usコマンドを実行。
20070517mage4.png

その後、qbasicエンターとすると起動します。

20070517mage1.png

かっちょええ! 流れよわが涙。

とりあえずESCを押してダイアログを閉じる。あとは、
・ALTを押すとメニューにフォーカスが移る
・TABでフォーカス移動
というWindowsと同じ操作体系でいじることが可能。ここらへんがMSのすごいところで、バイナリだけでなくUIでも20年近く互換性を維持しているんだよね。

ところでこれで何ができるんだって? なんでも!
QBASICはグラフィック描画にも対応しているので、ゲームもできるよ。

YAMAGAME HOME PAGE
http://www.yamagame.com/MyWeb/QBASIC/QBasGame.html

から、今回は「シューティングシックスティーン」をダウンロードして実行してみよう。

展開したディレクトリでqbasicを起動。ALT-Fでファイル読み込みメニューを呼び出して、SHOT16.BASを指定する。
20070517mage2.png

読み込んだらメニューから「Run」。

全画面でシューティングゲームがはじまる。うおお!(※キャプチャが面倒だったのでサイトから拝借しました_o_)
20070517mage5.png


すばらしいQBASICの世界…。ぼくも何か作ろうかな。



関連しそうな過去記事:
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。