2007/05/08

[雑記]   「カフェ・ア・ラ・パパ」

at 16:51JST
 
えらいぽかぽか陽気だ。でも暑いというほどじゃない。むしろ家の軒先に並ぶ花の色が鮮やかに見えたり、風に乗ってただようたんぽぽの綿毛が見えたりでいいかんじ。

そんなんで歩いて日暮里に上がる途中、だんだんの前に喫茶店があるのに気づいた。いや、前から店自体はあるのだが、オープンカフェ風に表に席を出していたのでそそられた。

ちょっと表のメニュープレートに目をやると、ライムソーダとキッシュ・ロレーヌがある。
20070508001mage005.jpg

ああ、なんか今日の日よりにちょうどいい…。本を見て戻ってきたら入ろう。

8日の雑誌は特に読むところがなかった。買わずに戻ってきて店に入る。

小兵のおじさんが出てきておずおずとオーダーを取る。迷わず決めておいた品を頼む。

なんか思ったよりいい感じの店だ。狭いがこざっぱりしてる。随所にどこかから委託を受けた小物を陳列・販売してる。男性オーナーの店という印象じゃない。フォークやナイフを置きにくる手際も繊細だし。こんな小さいのに禁煙だしね。ふーん。

しかし店内には「大宮から谷中見物に来た」というおばちゃん3人がオレンジジュース一杯で2時間は粘っているふう。店の繊細さにぜんぜんそぐわない…。表では写真撮影に来たらしい若い男女(最近谷中にはこういう人たちがよく来る)のカップルが仲むつまじくしゃべっている。うやらましい。見ていると、女性のほうが媚びを売っているところを青年がデジタル一眼で撮りはじめた。
「きれいだよ…」
とか言ってるに違いない。許せない! 公序良俗にもとる(←おまえ過去にやってる所業を考えるとぜったい言う資格ないぞ)。その身に余る幸せをひとつ(=男じゃないほう)私にくださいな。

と、そこに
「おまたせしました」
あったかいキッシュとソーダがやってきた。なんかパンもつけてくれたよ。
20070508002mage004.jpg


すると、
「あら、いい香り…」
と女性の声が脇から。はっ! もしかしてこれは出会い、そして新たな恋のはじまり?!

目をやるとそんなことはなく。おばはんたちがキッシュの香りに野獣の欲望を刺激されたらしく、こっちを見ていた…こっち見んな! 火傷するぜ!

どこのキッシュだかわからないけどけっこうおいしかった。パンもカリカリ。ここらへんはいろんなお店があるので、この手の食材の工面には困らないだろう。あと、ケーキ数種とスコーンもあるようだ。また来よう。

…考えてみるとケーキを食べたくて家を出たはずなのだが。なぜキッシュに化けた?



関連しそうな過去記事:
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。