2007/05/06

[技術系]   時代はXMODEM

at 11:57JST
 
Poderosaでアクセス中のリモートでアーカイブを作って、手元のWindowsデスクトップにもってこようと思った。コマンドプロンプトを立ち上げて、cygwinのscpで…。

しかし、ちょうど別のcygwinライブラリを使ったアプリケーションが動いていて、バージョンコンフリクトを起こして動作しない。

むう-_-; FTPは面倒だしな。コマンドライン一発でできない。そこでPoderosaのメニューを眺めていて思いついた。

XMODEMで転送したらラクちんじゃん! (^o^)

もー、XMODEMなんてウン十年も使ってませんが。そもそもぼくはB-PLUS派だったし。よーしパパ、XMODEMでtar.gzファイル転送しちゃうぞー、と。

% sx -b arts.tgz

として、Poderosaのメニューから「ファイル」→「XMODEM受信」を選ぶだけ。いえーい。
2007050601mage1.png

10MBのファイル転送するのに10分もかかったけど、面倒な作業しなくてすんだぜ!

…解凍したら、コマンドキャラクタの関係でぶっこわれてた_| ̄|O どこがラクだよ。PoderosaはZMODEMとか対応してないし。あー、やっぱTeratermに戻ろうかなー。

ということで、すなおにPuTTYに同梱されているpscp.exeをダウンロードしてきて使いました。1分で済みました。おわり。

PuTTY: a free telnet/ssh client
http://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/



関連しそうな過去記事:
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。