2007/04/16

[雑記]   素晴らしき哉マナーのセカイ

at 11:21JST
 
山手線の車内CMで、例の「おとなのマナー」を流してた。今日のマナーは
「ケータイで相手の声が小さくて困ったらどうすべきか」

…正解は
「こちらも小さな声でしゃべる」
だってさ。

うわーい。これからは相手につられて小さな声でしゃべってしまうと、
「最近の若者は」とか
「人間力が低い」とか
「日本人じゃない」とか
「やはり憲法改正が必要だ」とか言われちゃうのね。生きづらーい。

多くの場合、人間というのは会話相手の口調に無意識のうちに合わせてしまうので、こっちが小さい声で話したら相手も小さい声になってしまうものなんだが。電車内のように聞き取りづらい場所で携帯を使うと知らずにお互い声が大きくなってしまうのが実例。

教員の授業テクニックで
「子どもが騒いでいるときどうするか」
のひとつは
「黙る。またはわざと小さな声で話す」
だったりする。ふつうのスピーチでも使える。でも、これだって銀の弾丸じゃない。状況に応じて臨機応変にいろんな方法を取る必要がある。

マナーっていうのは、結局
「思考停止装置」
だ。うまく動作するときはいいかも知れないが、そうでないときは人間を攻撃へと駆り立てる。おまけにこいつはポンコツなので、文化コンテキストがちょっと違うだけで誤動作する。エスカレーターで右左どちらを空けるか東西で違うように。

必要なのは常に自分で考えることだ。世間がどう言ってるかは関係ない。

キレる人間が増えていると言われるが、それが真実なら理由は
「くだらないマナーに依存しているから」
だ。マナーを語るヤツは必ずそれを凶器にして他人にキバを剥く。憲法だの日教組のせいじゃないよ。ましてや徳育の時間がないせいでも。ヨシイエくん。



関連しそうな過去記事:
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。