2007/03/31

[雑記]   グッズ販売ページを非公開にした

at 20:57JST
 
うちのサイトと某所で公開していた
「ロゴ入りグッズ販売」
のページをあわてて非公開にした。

これは、とあるドロップシッピングサービスを利用させてもらっていたもの。別にお金をアテにして…というわけではなく、オリジナルロゴの入ったノベルティを手軽につくるのに便利で使っていた。

のだが。

今月利用したらちょっとしたトラブルに見舞われてしまった。事情がわかるまで放置しておいて間違って買う人が出ると大変なので非公開にしたのだ。

別にギャーギャー騒ぎたいわけじゃないので業者さんの名前は伏せて、備忘録代わりにちょっとメモ書きにしておく。

3月某日。例によってノベルティを配ろうと思い、このサービスで

「自分のところのロゴの入った帽子」
¥2,100×5点
=小計¥10,500

を注文した。クレジットカード払い。

注文は受理され、確認メールが届いた。
商品
------------------------------------------------------
1 x マグカップ(adjustment00) 縦11.5cm×横8.5cm (xl1625182-ggs-070222) = 1,575円

------------------------------------------------------
小計: 10,500円
ヤマト運輸(宅急便) (宅急便): 525円
内消費税: 500円
合計: 11,025円


本当はこの時点でぼくも気づくべきだったのだが、太字にした「10,500円」という小計だけ見て正しいと思いこんでいた。これはぼくの失敗。

届いた商品を見て驚いた。
まったく別のマーチャントのロゴが入ったマグカップが一点、送られてきたのだ。あわてて確認すると受注の時点でおかしいことがわかった。

もし、これで請求金額も¥1,575+αなら、ぼくが発注ミスをしただけということであきらめるのだけれど、受注確認書を見るとそれだけではすまないことがわかる。けっきょく、まとめると次のとおりだ。

1・1,575円の買い物しかしていないのに請求が10,500円(本来の請求金額)になっている
2・ショッピングカートに入れたのと(発注したのと)まったく違う商品が注文されたことになっている
3・ちなみに、このマグカップはぼくがアクセスしたこともないページのものだ

1だけなら被害に遭うのはぼくだけなのだけれど、2はまずい。万が一第三者がうちのページ経由で商品を買って、間違った商品が届いたらぼくにも責任があると思われかねない。しかたないので紹介ページを削除したというわけだ。

そもそも、これまでオンラインショップを使っていて2のようなミスが起きるケースというのをあまり見たことがない…いちおうオンラインショップの評価サービスの運営とかもやっていたのだけれど、カート部分を自動化しているところでこんな誤動作があるなんてはじめての経験だ。本当にびっくりした。

ということでとりあえず先方にメールで確認してみる…。
くどいようだが別にクレームをつけたいわけではない。
すごく憂鬱だ…。
関連しそうな過去記事:
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。