2007/03/30

[雑記]   わたしのMac体験

at 04:28JST
 
マックグリドルうまいよね。
わざわざ朝、早起きして食べに行ってます。

というお約束はさておき。

リンゴ屋が「Start Mac」とかいう
「blogでロードテストしてくれたらMacタダであげますよ」
キャンペーンを始めたので、応募しておいた(しつこく言うがこのサイトで、ではない)。申告したページビューだけ見て
「あら、それなりにいいじゃない」
とか採用しないだろうか。そしたら楽しいのに。何書いてやろうか…ククク…。

ところでぼくは根っからのゲイツ様信奉者だが、Macを使っていたことはある。印刷屋のタイプセッタ操作用クアドラとか、買ってから30分も火を入れずに捨てられたiMacとかいろいろあるが、いちばん長く使ってたのはSE/30だ。

正直OS XなんてMacじゃないと思う。あれはBSDの出来損ないだろっ。Mac信者はMacのすばらしさを布教したいなら、最低でもディスプレイがモノクロのやつを聖書として使いなさい。

で、そのSE/30を何に使っていたかというと、TeXの動作環境にしていた。

当時、ぼくは286マシンをターミナルにしてUNIXにつなげたのを主戦場にしていた。しかし、VT100環境ではTeXのグラフィカルプレビューができない。いちど
「Tektronixのシーケンス使って自作のプレビューア作ったら
 なんとかなるんじゃね?」
とか試行錯誤した覚えがあるが、どうにもならなかった。かといって286マシンでTeXを動かすのはかなり無理があった…起動だけで10分くらいかかるのである。

そういうことなのでSE/30を調達してきてMac pTeXかなんかを使うことにしたんだと思う。こっちならそれなりに見れる速度で動くし、グラフィカルにdviをプレビューできる。それで、パス区切りがおかしいとかMacバイナリーとかの理不尽なシステムに苦しみながら使っていた。

…それ以来Macは敬遠しています。もうあんな面倒な日常は過ごしたくない。なんかいろいろ不平不満を述べようと思ったが、それすらも面倒なのでパス。あとTeXももうイイカゲン滅んでください。一時期TeXnicianとか言って浮かれてたけど、いま思うと人生無駄にした。あれで遊んでる暇があったらWordか秀丸使うべき。

でも、いまだにSambaはMacに対応できるようCAPで使っているよ。えっ! 意味ないの?!

(注:そもそも先進的DTP環境のそろったMacでナゼTeXを使うのかとか、そういうつっこみはイクナイ)
関連しそうな過去記事:
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。