2006/12/10

[技術系]   試行錯誤

at 20:53JST
 
http://memo.hirosiki.jp/article/29298247.html

つづき。

XPのインストーラに蹴られるドライバディスクというのは、

DFI:: K8M800-MLVF
http://www.dfi.com.tw/Product/xx_product_spec_details_r_us.jsp?PRODUCT_ID=3100&CATEGORY_TYPE=MB&SITE=US

のSATA RAID用のやつのことだ。

ここで配布しているドライバは実行形式で、起動するとフロッピーをフォーマットしながら中身を書き込む。

…どうもコイツが悪さをしているんじゃないかと思い、中身だけを別のフロッピーに移してXPに読ませてみた。

うまくいった…-"-

おかげでSATAのままXPをインストールできたが、いったいどういうフォーマットしてくれたんだろう>DFI

いろいろ試行錯誤して、うまくいく方法を模索するのは楽しいな。コンピュータ周りをいじっているのが好きなのは、なんだかんだいってこういうトライアルを好きなだけ繰り返せるところに理由があるのだろう。

…いっぽう、インストールが終わったら、今度はXPが
「インストール可能な回数を超えました!」
と騒ぎ始めた -"- マザーボードのヘッダピンから伸ばしたUSBもうまく動作しないし。

ああ、また試行錯誤だ…。



関連しそうな過去記事:
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。