2006/11/28

[木鐸]   ユニバーサルサービスの影響がIP電話にも

at 15:23JST
 
@niftyでブロードバンドサービスを契約していると、例外なく「@niftyフォン」とかいうのが無料でついてくるのだが。

「全国にあまねく電話を普及させるために、
 全員一契約ごとに7円払いなさい」

というオカミの決定が、こっちにも思わぬ影響を与えているようだ。

「@niftyフォン契約継続意志のご確認」
というものものしいメールが、@niftyから飛んできた。今まで無料だったのが7円かかるようになっちゃうわけで当然といえば当然なんだけど。なんかヘンだよな…。

通信サービス市場自体は多様化でパイが広がっていてもいいはずなのに、なぜか末端の消費者が余計な金を払う。??? ユニバーサルサービスが維持できないほど苛烈な情勢だとはちょっと思えないんだが。NTTは光でかなりシェアを奪取してるし。

とりあえず

ユニバーサルサービス制度について(申請ページ)
http://www.nifty.com/ipphone/universal/index_osm.htm

から契約を解除しておこう。
関連しそうな過去記事:
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。