2006/11/17

[技術系]   VistaのIE7+での表示差違

at 02:11JST
 
Windows Vistaの標準ブラウザ「Internet Explorer 7」は、ちょっとだけXPのIE7と動作が違う。仮にVistaでの環境をIE7+と呼ぶ。

IE7+では、Vistaの新フォント「メイリオ」(Meiryo)が利用できる。

で、何も考えずに今までMSゴシック向けに調整していたサイトのCSSで、フォントに
"Meiryo"
なんて追加しておくとハマる。

よく、リンクテキストのデコレーションを
border-bottom: 1px dasshed #000000;
なんてやってると思うが、この際のボーダーの表示がXPのMSゴシック環境と大幅に変わってしまう。

具体的に言うと、
・テキストのベースラインからボーダーまでのスキマが大きく空く
・ボーダーが次行のテキストに食い込む
といった感じ。

どうもMeiryoのベースライン関連の設定が今までと違うんじゃないかと思うんだけど…。あてずっぽう。

なので考えなしにMeiryoを使わないこと。ぼくはRC1登場のころにふざけてCSSにMeiryoを追加したのだけど、きょうRC2で見てキモをつぶした。まあ、borderでリンクテキストのデコレーションをするのがそもそもどうよ? という気もするんだけどさ。

速攻で外した。

あと、IE7+だとWebページ内のビジュアルスタイル適用部品のデザインが、Vista風に変わります。OS Xっぽい。これもちとあせる。



関連しそうな過去記事:
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。