2008/07/28

[技術系]   もう一度、ちゃんとジェイソン入門(完全版)

at 23:57JST

もう一度、ちゃんとJSON入門 - 檜山正幸のキマイラ飼育記
http://d.hatena.ne.jp/m-hiyama/20080728/1217205390

期待して読みに行ったら裏切られた。こんなのジェイソンじゃねー。オレが本当のジェイソン入門を書いてやる。

ジェイソンについては何かと「中身のないスプラッター」という誤解が多いようだが、実際は違う。悲しき母と子の愛の物語なのだ。ということで、最初はこの原点にあたれ。

ジェイソンでてこねー。ママが大活躍。でも、2作目以降で「ママの敵を討つんだ!」とジェイソン坊や大復活。

でも、このパート2でもジェイソンくんはホッケーマスクかぶってない。ここらへん、よく間違えるので初心者は要注意だ。トレードマークのマスクが登場するのは第3作から。

怖さのピークはここらへんかなー。なんでかっていうと、パート4で一回死んじゃうんですよ。

「じゃあ、パート5はどうなんだよ!」ってことなんだけど、これは冤罪です。ジェイソンは悪くない! こういうケースがあるのでやっぱり鳩山法相は死刑をみだりに執行してはいかんと思うのです。

しかし、パート6では本家ジェイソンが不死になって復活! ここまでは殺せたんだねえ。

パート7は、ジェイソンが女の子によみがえらせてもらうというまさにラッキー7な話。

シリーズ中「もっともこわくない作品」がパート8。「ジェイソン、ニューヨークへ行く」。エディ・マーフィも出てます(うそ)。笑いながら視るほどおもしろくもない。

そろそろ疲れてきた。パート9がジェイソンの命日。これは単体で視るとまっとうなホラー作品かも。とはいえ、ジェイソンサーガはいったんココで終わる。

そんでまあ…ノーコメントというか。「ジェイソン初! 宇宙へ!」な作品がこの「ジェイソンX」。スケールでかくすりゃええんか。とはいえ、ハイなときに視るとけっこう笑えます。

しかし、シリーズ中もっともぼくがオススメするのはコレ!

「エルム街の悪夢」とのタッグ作品なので甘く見てる人が多いかもしれないが、個人的にはホラーとしては単純なスプラッターでもなく楽しんで視れる一本だと思う。なにより、ある意味原点回帰。ジェイソンくんの過去にふたたび焦点があてられるという。ちょっとホロリと来ちゃいます。この夏を彼女と涼しく過ごしたいならコレだね! ラブラブになれちゃうかもよ!

ちなみに、ジェイソンシリーズがリメイクが決定してるんだってさー。ちょっと期待。

※適当に書いたので間違いの指摘は受け付けません


さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。