2007/06/13

[雑記]   ハァ…

at 21:21JST
*タメイキ*

[ネット]   悪いのはお前だ!

at 14:35JST
日経BPから配信されてきたメールマガジン。
やあ、こりゃうまいうまい。
最近はメールマガジンの存在意義なんてもはやなくなったかと思ってたけど、どんな時代になってもうまい人はうまいことをやるもんだね。

20070613mage1.png


また谷島氏か!(笑)

[雑記]   4千年前、新石器時代の鉱山

at 11:19JST
たまにNHKにチャンネルを合わせると、世界遺産を紹介するミニ番組を放映している。ちょっと好き。

むしゃむしゃ目玉焼きを食べるついでに視たら、きょうはベルギー「スピエンヌの燧石鉱山跡」というのを流していた。

燧石というのは火打ち石の一種で、硬いため斧やナイフといった石器に転用される。で、この鉱山がいつごろのものかというと
「新石器時代」
なのだ。現地では4,000年前にあたる。そんな時代に鉱山が?!

あんまりメジャーじゃないらしく、ググっても情報が出てこないけれど、

漣さんの旅行記
世界遺産旅行記【12】スピエンヌの新石器時代の燧石採掘鉱
http://4travel.travel.msn.co.jp/e/msn/traveler/classical_city/album/10119308/

↑こんな感じ。

道具といえば、レアな石器を除けば動物の骨しかなかったような時代だ。採掘にはきちんとしたコミュニティも必要だろう。石器時代に、そういうものがすでにあったんだなあ…ということを認識させられる遺跡なわけで。人間が巨大な社会を形成していく過程がわかる。ラスコー洞窟の壁画とかも貴重は貴重だけれど、この採掘鉱のほうがそういう点では示唆性に富んでいる。まさに「世界遺産」と呼ぶにふさわしいものだと思う。

世界遺産でも、単にキレイなものとか伝統を感じさせるものとかより、こういう普遍的な価値をそなえたものがぼくは好きだな。

まあ、足が疲れるので自分ではけっして見に行きませんが。テレビで十分!(ロマンがねー)

[雑記]   浜離宮にいってきた

at 01:08JST
なんかしんないけど、天気のよいなか水上バスに久しぶりにのって、浜離宮恩賜公園に行ってきた。

20070612mage004.jpg

えーと…なんか暑さのせいなのか、池にはすごい藻が繁殖してるわなんやかやで
「情緒も趣きもないジャングル」
という感じになってた。↓この池。藻の上を歩けそうだった。
20070612mage005.jpg


で、帰りに黒川のおっちゃんの作ったマンションの脇を通った。…やっぱり彼には参院選で当選してほしくないと思った。
20070612mage007.jpg

さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。