2007/06/07

[雑記]   あめか…

at 08:48JST
天気予報に雨マークか。
気温が高くて昼過ぎから夕立(矛盾)になるパターンだな。午前中のお出かけにはさしつかえないだろう。

さて、出かけるならどの選択肢を選ぶべきか。

1・軟弱に自転車でゆく
2・かっこいいひろ式は男らしく徒歩でゆく
3・No。現実は非情である。ひろ式は寝過ごして自己嫌悪に陥る

限りなく3の可能性が高い…。

[ネット]   ドロップシッピングサイト探訪:「ClubT」

at 04:58JST
うちのサイトから「グッズ販売」のページをはずして数ヶ月。
そろそろ寂しくなってきたので復活させようかな。
ということで、

「オリジナルデザインの商品を手軽に作成できる
 ドロップシッピングサイト」

を再探訪してみることにした。

このテのドロップシッピングサイトは国内では二カ所しかない。

・ClubT
 http://clubt.jp/
・upsold
 http://www.upsold.com/
 およびupsoldがサービスを下請けしている
  「ミセつく」http://www.misetsuku.jp/

まずClubT。
久しぶりに見たら、なんか取り扱い商品の種類が増えてた。

・Tシャツ・トレーナー
・パーカー
・ジップパーカー
・タンクトップ・キャミ
・ポロシャツ
・エプロン
・ベイビーロンパース
・トートバッグ
・マグカップ
・キャップ
・時計
20070607mage1.png

それぞれについて色違いが選べ、
・前面・背面のどちらか
・または両面
に好きな画像をプリントした商品を開発できる。

実際にどんなものをほかの人が作っているか見るには
http://clubt.jp/pl/product/b_ts
から、各「アイテム別」のページをたどるといいだろう。


商品のつくりかた。

まず、プリント用画像を用意する。

この画像はじゅうぶん大きいものがよい。
ドット(ピクセル)サイズにして、横幅あるいは縦が2000ドットくらい。
さもないとプリントした際に印刷が荒くなる。

色はカラーでよい。保存形式はJPEG、PNG、GIF、BMPどれか。
可能ならPNGにすること(JPEGだと圧縮されてしまうから)。
ファイルサイズが5メガバイトを超える場合、JPEGで保存する(と小さくなる)。

素材の地色を活かす「ヌキ」の指定だが、よくわからない。
「背景を透かしたい場合は"白"をご利用ください」
というのがClubT側の指示だ。
つまり、白の部分が抜かれるということなのだが、
「じゃあ、ホントの白との区別はどうすんだよ」
という気がする。
でも、実際にヌキで作った作品がちらほらあるので、
気にしないで使えということなのだろう。


つぎに会員登録をする。資格審査はない。
http://clubt.jp/pl/general/join

すると、
https://clubt.jp/pl/admin/top.cgi
でログインして、「アイテム作成」ボタンから実際に自分の画像を使った商品作成ができるようになる。

20070607mage6.png

作りたい商品・カラーを選択し、□にチェックを入れてまとめて指定する。別にいちどにぜんぶつくる必要はない。ひとつずつやっても可。

20070607mage7.png

で、使用する画像を指定。

20070607mage8.png

の「これから送信する画像は法的に問題ないと約束します」の□にチェックを入れて、次のページへ進むと画像の位置指定・価格の設定を行う画面にゆく。
20070607mage9.png

※画像が「イっちゃってる人の描いた絵」になっているが気にしないように。

価格は好きに決めればいい。

画像のレイアウトだが、商品ごとに「レイアウトする」ボタンがあるのでこれを押す。すると新しい画面が現れる。
20070607mage10.png

この画面はJavaScriptを使用して実現しているので、古いブラウザやJavaScript非対応ブラウザでは利用できない。

また、この画面では商品の色が反映されていない。ぜんぶ白になる。ここまでやるなら色も反映されるようにすればいいのにね。

左が前面。右が背面のレイアウト。画像をマウスでつかんで位置指定。縮小拡大は前・背面それぞれの下にあるスライダーを左右に移動してやれば変更できる。で、満足したら「決定!」ボタンを押してやる。

これをさっき□にチェックした商品の数だけ繰り返す。さいごに画面一番下の「この内容で作成する」を押して完成。

作業がおわり15分程度で、それぞれの商品用のページがClubT側で作成される。自分のホームページでその商品ページにリンクしてやれば、ドロップシッピングを使ったグッズ販売ができるというわけだ。

ClubTは、以前使ったときはいろいろ不備があったので使用を見送ったのだけれど、いま触ってみるとずいぶん改善されている。ClubTの http://clubt.jp/ の「作成された商品紹介ページ」のデキが悪いという欠点はそのままなのだが…。自分のホームページから商品ページにリンクして使うぶんには、まったく問題ないと思う。

もうひとつのドロップシッピングサイトであるupsoldには、レイアウト指定画面でJavaを使用しておりあまり快適に動作しないという欠点がある。技術的なことで悩みたくない人にはClubTがオススメだろう。ということでupsoldのほうについては気がむいたらまた。


2007/06/06

[雑記]   ウィルコム×シャープの新端末は明日発表かー

at 22:34JST
マイクロソフト、Windows Mobile 6 日本語版を発表
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/34869.html

ここには書いてないけど、

Windows Live連携などを図った「Windows Mobile 6」日本語版が正式発表
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/18365.html

には、プレゼン資料の写真としてさりげなく

http://bb.watch.impress.co.jp/cda/parts/image_for_link/67172-18365-5-1.html

「明日発表」と…。しかもiPhoneライクなルックスだし。このまま出るなら嫁を質に入れてでも買うかも←いないじゃん。

[ネット]   MTが5万円は高すぎだろ!

at 11:56JST
ユーザー向けのリリースメールを今ごろ開いてびっくり!
Movable Typeの新版は5万円!?

高すぎる!
非難を受けることを承知で言うけど高すぎる!

Six Apart - Six Apart: シックス・アパートが、最新ブログ・ソフトウェア「Movable Type 4」を発表
http://www.sixapart.jp/press_releases/2007/06/05-1430.html

「Movable Type 4 日本語版」7月18日発売、編集画面の刷新やCMSを強化
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/06/05/15948.html

スタティックファイルを含むCMSの提供とか、WYSIWYG編集とかの追加は十分魅力的だ。でも、そういうのは運用のしかたや他のツールとの組み合わせで十分実現可能だった。その手間を省くものとはいえ、5万円という価格設定は用途や特性に見合うと思えない。

(ちなみに「個人非商用ライセンス」の話は無視)

このところMT3をこまごまといじって、

a・小規模な法人向け
b・更新内容がリリースやお知らせメインの自社サイト対象
c・操作やHTMLのことがわからなくても、利用者が多いので周りに質問しやすい
d・「blog」ということでとっつきやすい

サイト構築ソリューションとしての提案を検討してきた。が、小規模な法人には3万円でも勧めるには躊躇する値段だ。自営で仕事したことのない人は「はぁ?」とか思うかもしれないが、そういうものだ。このセグメントでは3万円でも、得られる投資対効果が微妙に見合わない。なぜならbの部分で、更新頻度が低く規模が小さいからだ。ただ、cの性質=MTのシェアが高いゆえにシステム管理者・デザイナーの切り替えが容易というメリットが、それをなんとかカバーしてくれた。

5万円だと、カバーできないクラスに足を大きく踏み入れることになる。

MTのシェア拡大には、こうした中小規模サイトというセグメントでの人気が大いに貢献してきたと思う。だって、もう少し大規模なサイトになると、運営企業も当然大規模になる。現場では操作・HTMLに熟知した人の割合が増える。それに動かせる予算やシステム開発に張り付けられる人数も多くなる。ならばあまりUIにこだわらなくてもその現場にピッタリくる簡易CMSを作ったほうが早い。5万を鼻息で飛ばせる規模の会社にとっては、MTを使うメリットなんてあまりないじゃないか。


SixApartからライセンスを受けて、MTをビルトインで提供しているレンタルサーバ業者がいる。そういうところを使えば初期投資の5万円は削減できるけれど、毎月の利用料金が3,000円くらい増えてしまう。小さな会社には、これも
「…?」
と納得いかない金額だ。累計月額1万円近くなるのだ。bのようなサイトを維持するためだけにしては、やはり高すぎる。

コードがきれいだとか、実績があるとか、そういう部分についてはぼくもMTを評価する。だけど、ぼくがMTを勧めるようなセグメントの人にとっては5万は高い。高すぎる。

そもそも5万も出すなら、perlで書いたサーバサイドアプリケーションなんかではなく、Windows用ローカルアプリケーションを買うほうがいい。だって、MTがやっていることはあくまで
「静的HTMLファイルの生成」
なんだぜ。フリーウェアでよくある「日記サイト更新ツール」みたいなもののほうが、再構築などのUIで安定性を損なうこともないし、レスポンスもずっといい。

そろそろMovableTypeに対するカウンターパートを考えたほうがいいと思う。ネット関係の企業や技術者は、今回の値上げでMTのシェアに付け入るスキができたことに着目すべきだ。

ほかのblogツール、というのももちろんあるけれど
・企業サイト運営を前提にした、柔軟性の高いblogレンタル+メールサーバホスティング事業
とか、そして
・安いor無料のMTクローン
を作ったら大いに人気を集めるはずだ。

特に後者については…やりたいと常々思ってきたが、ほんとにコツコツやりはじめよう。ぼくなんかでどこまでできるかわからないけれど。

MTが、PhotoshopやDreamweaverみたいな路線を突き進むのは大きな間違いだよ。
「製品の価値」には「値段が手ごろ」という視点も含まれるのだ。


眠いから乱文だが。とにかくそういうことで。

[雑記]   早寝早起き朝ご飯

at 10:42JST
などとのぼりが立っている早朝の学校脇を歩く。

わー。太陽が黄色い…。
品行方正だなあ。ぼくって。
いつか安倍首相にほめてもらえるに違いない。

2007/06/05

[技術系]   ホームページエディタ:「KompoZer」がけっこう使える件

at 08:18JST
いわゆるホームページエディタは、こと「無料」のものについて言えば

a・HTMLの細かいことを知りたくない“アマ”の人が気楽に使える
b・デザインをやる“プロ”の人の作業を妨害しない

という二点を兼ね備えたソフトがなかなか見あたらない。有料ならDreamweaverがあるが、もはやPhotoshop並みに高価になってしまったのでキツいし。

さらに、bの条件を大目に見ても

1・サーバへのアップロードまで一貫して面倒見てくれる
2・スタイルシートを読める
3・日本語化されている
4・あまりバグがない

というものになると、もはや本当に存在しない…ような気がしていた。

しかし、かつての「Netscape Composer」の流れを再度追っかけてみたら
「KompoZer」(コンポーザー)
という一族が、意外に使えるレベルに仕上がっているのがわかった。

Netscape Composer→Mozilla Suite→Nvu
系の子孫だが、バグバグで放置されているNvuにパッチを当てたものらしい。おまけに日本語ローカライズのリソースがちゃんとある!…アンオフィシャルなものだからNvuと状況大して変わらないって? ま、そのとおりなんだけどね。一年前までメンテされてたっつーのは、少しだけうれしいじゃん。

こんな画面。
20070605kompozermage1.png


画面右側がホームページを編集しているようす。もちろんワープロライクに制作できる。中身はFirefoxと同じだから、実際にブラウザで見たときと表示は変わらない(IEは別として…WYSIWYGに編集していてIEでおかしくなることはたぶんない)。

左側には「サイトマネージャ」があって、借りているサーバのハードディスクの中身を一望できる。それで、ここで編集したいHTMLファイルを選択すれば、そのまま右側でいじれるというわけ。

“プロ”の視点からすると、
>2・スタイルシートを読める
のが大きい。編集中でもスタイルが反映されたままだから。うまくコーディングすれば、
「デザインをキチキチに作り込んでも、
 文字の修正などはクライアントが自分で気楽にできる」
という作業分担が可能だ。

“マジでプロ”な人からすると、ややHTMLソースの改行をいじるキライがあるため、
>b・デザイン作業をやる“プロ”の人の作業を妨害しない
という部分で少し疑問符がつくけれど。まあ、このあたりはなんとかなるものだよ。
(そもそもホワイトスペース互換を気にするのはデザイナーじゃなくてコーダーですね)

なんといっても無料だし。
これなら、ぼくの
「他人のホームページ、勝手にタダで作るよキャンペーン」
に使えるわ。

ドロップシッピング使ってアイテムつくるのとかはやってもらわないと困るが。
http://www.misetsuku.jp/


とはいえふつうの人がインストール作業するのはあまりおすすめしないKompoZerのサイトは以下:

KompoZer - Nvu's unofficial bug-fix release
http://kompozer.net/

右端に「ja-JP」として日本語ランゲージパックがある。SourceForgeの問題か拡張子zipとしてダウンロードされてしまうのでxpiに直し、本体を起動後に
「ツール」→「機能拡張」
から参照してインストールする。

2007/06/04

[ネット]   割れたらどうすんだよ

at 20:39JST
QRコード入りの「QRえびせん」、受注開始
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/34835.html

…。

[技術系]   唯一のIrSimple対応アダプタ

at 19:23JST
PCにつなげてIrSimple対応にするコンシューマ向けアダプタがやっと出るらしい。

IrSimple対応のUSBアダプタ
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/34825.html

VFIR準拠のIrSimple USBアダプター
http://www.cfcompany.co.jp/product/Actisys/irss4020.html

「ケータイの写真をすばやくPCに転送したい!」
と、前に調べたときには実はひとつも製品が存在しなかったのだ。

910SHのHSIr≒IrSimple : ひろ式めもちょう
http://memo.hirosiki.jp/article/28508074.html

型番をよく見ると、今まで開発者向けキットの頒布しかしてなかったのをちゃんと一般向けドライバの添付に変えただけの商品らしいけれど。それでも人類にとっては大きな一歩だ!(そうか?)

なんせ16Mbpsなので古いイーサネットより速いくらいだし。ケータイでバリバリ写真を撮りまくっている人には要検討な製品と言えるんじゃないだろうか。

…今どき1万円も払ってIrアダプタ買うのもどうかと思うけどね。microSDがあんなに小さくなきゃよかったんだよ。

[雑記]   テレ東が「ニューオーリンズ・トライアル」をこの時期チョイスした理由

at 11:28JST
今週のテレ東・木曜洋画は「ニューオーリンズ・トライアル」。渋い。あまり有名じゃないが隠れた名作。おなじみの“イカれた”番宣は比較的おとなしめに
「陪審員制度の裏側!」
とか言っている。



実は地上波・吹替えでは初放送のような気もするが、別に放映解禁とか旬とか言う理由があるわけでもない。それをあえてこの時期にぶつけてきた理由は、やはりぼくらがあまり気にもとめない中で静かに成立しようとしている「裁判員制度」の是非に一石を投じたい! という気持ちがあるんだろう。木曜洋画のこのスタンスが好きだ。ふだんはエロ・グロ・ナンセンスのくだらないB級映画をガハハと下品に笑いながら送り出し、しかし要所要所で独自の視点から社会にくさびを打ち込むようなプログラムを企画する。キミは「ボウリング・フォー・コロンバイン」放映時の番宣を見たか。アレを放映するだけでもたいしたもんだが、
「♪ある日、学校で撃たれた」
と「森のくまさん」の替え歌を流すセンスはコワイモノナシだと思った。彼らはポリシーのあるバカなのだ。

ただ「ニューオーリンズ…」を視ると、どちらかというと陪審制に肯定的な結論に到達しちゃうと思うけどね。だって、結局性善説…あ、ネタバレだ。まあねえ、仮に日本を舞台に裁判員制度をモチーフにしていたら、この映画はぜったい撮れなかっただろうなあ。名作「十二人の優しい日本人」を生んだこの国で、なんであんな裁判員制度なんてものが生まれちゃったのか理解できん…。裁判員制度なんて死んじゃえー、しんじゃえーる、ジンジャエール…。

政治的な話はともかく、この作品はジョン・キューザックの表情、レイチェル・ワイズの美しさ、ジーン・ハックマンの悪人ぶり、ダスティン・ホフマンのダメっぷり、そして全体に流れてとぎれることのない緊迫感に満ちた、間違いなく一級のサスペンスだ。

[雑記]   そうか!

at 09:49JST
ロゴにこだわるから、ムダに整合性を取らなきゃいけない気になってた。こだわらなきゃいいんだ。

思い切って88×31ドットくらいで片隅においとけばすむんじゃないか。
そうだ、そうしよう。

自分が本職のデザイナーじゃなくて本当によかったと思いました。

[ネット]   すばらしいセンス

at 08:31JST
織田信長に、こんな笑いの才能があるとは知らなんだ。嫉妬。

織田信長ブログ
http://blog.livedoor.jp/odanobunaga5/

2005年で更新が停まってるのは、明智の謀反のせいかなんかだろうか。惜しいことをした。

2007/06/03

[300]   お子様ランチ宣言

at 21:32JST
「ご注文は?」
「…お子様ランチを」
「おこ…こちら大人の方にはご遠慮いただいております」
「いや、ぼくなんてまだ大人じゃ…。
 ひとの気持ちがわからないし。生きる意味も…。
 だからお子様ランチを食べたいんだ」
「身勝手な!
 ほかの方も、食べたいのに我慢しているんですよ」
周りの人が眉をひそめて見ている。
「いつも他人に迷惑をかけてばかり…。
 ぼくにお子様ランチ以外を食べる資格なんてないんですよ」
「資格!? 他人を不安にさせる発言は慎んでください!」
「じゃあ、いったい何を食べればいいんですか…」
店員は激辛スパイシーカレーを運んできた。辛くて辛くて、ぼくはただわんわん泣きながら食べた。

[ネット]   サーチエンジン対策に関する意義深い考察

at 18:00JST
いま、なんとなくアクセス状況を見ていて気づいた。

「オリエント工業」をgoogleで検索すると、ぼくのサイトが思いのほか上位に出てくる。

ぜんぜん関係ない分野なのに…。これはぼくのSEO技術がすばらしいということなのだろうか。なお、「O」の中に「X」が入るわけではありません。会社が会社だけにそれでも意味が通ってしまうのがコワイ。

参考:
オリエント工業
http://www.orient-doll.com/
※18歳未満とまじめな方はアクセス厳禁

2007/06/02

[雑記]   天気がいいな

at 17:14JST
一日ムダにした…。

なんかおいしいもの食べたいな。
とりあえずおふろ入ってから考えよう。

[技術系]   寝不足とはいえ…

at 08:00JST
このサンプル画像はひどすぎる。
20070602mage1.png

[雑記]   へんな時間に起きてしまった

at 01:35JST
くそー。
おまけにおなかすくし。

2007/06/01

[雑記]   ふみゃあ

at 20:14JST
今日は珍しく朝からバタバタしていて疲れた。
イレギュラーで予定が入ってくるくる移動して回るのは久しぶりだ。

カラダは疲れないけど脳みそ疲れるよ。

[雑記]   PASMO陣営は本気らしい

at 14:15JST
200706017277776mage.jpg
三田で都営三田線に乗ったら、自販機がぜんぶPASMO対応になってた。

しかも
「PASMOでジョアを売る」
という、ナウいんだかナウくないんだかわからない(どっちにしても「ナウ」とか言ってる時点でダサいのは間違いない)自販機があった。

JRでは対応率20%以下の駅がほとんどなのに。PASMO陣営は本気だぜ! …だったらPASMO自体が売切れってどうよ? と思ったぜ。

[雑記]   免疫ないよな…

at 08:50JST
ほんとに。
平常心平常心。

いつも心に氷水。

[ネット]   Windows Live Writerはけっこうよい

at 06:15JST
マイクロソフト、「Windows Live Writer」日本語版ベータを公開
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/18289.html

ちょっと試用してみた。これはなかなかデキがよいと思う。見た目はこんな感じ。blog投稿専用ツールとして他の製品と比較してもなかなかスマート。
20070601-overview.png


.netなので起動時にやや時間がかかるものの、いったんコンパイル結果がキャッシュされてしまえば軽快に動作する。

なにがいいかというと、とりあえず最初のセットアップ。利用中のblogサービスを登録する場面が、かなりわかりやすい。blogの公開アドレスとユーザーID、パスワードを入れるだけ。
20070601-setupmage4.png

これはblogシステムの更新方法認識用情報をやりとりするRSD(Really Simple Discoverability)を使っているからなんだけど。少なくともMovableType 3.xをそのまま使用している人なら問題なく情報が認識される。お手軽。XML-RPC云々言わなくてオッケー。

(それはいいけど、また「RSD」とかくだらないわかりづらい略語考えたよな。一般には「反射性交感神経性萎縮症」の略だぜ? これ。「投稿窓口情報」とかわかりやすい名前つけなきゃ、すばらしいアイデアでもぜったい一般人にはわからんだろうよ。三文字略語がクールだとか思ってる人のセンスを疑う)

ただ、MovableTypeではパスワードとして指定するものはふだん管理画面にログインするために使っているものではなく、「Webサービスのパスワード」というもののほうのようだ。デフォルトでは無意味文字列になっているので、Live Writer導入前に設定しなおしておいたほうがよいだろう。ここらへん、なんでMTがこうなってるのかぼくは知らない。
20070601-xmlrpcpassmage5.png


それから、MTをShiftJISで運用しているとLive Writerからの投稿時にエラーが出ることがあると思う。PerlのXML::ParserがShiftJISのエンコードマップを持っていないとかなんとかいうエラー。
20070601-charsetposterrormage3.png

とりあえず、Live Writer側でUTF-8による送信をするように設定すれば問題なく投稿できるようになる(XML-RPCをUTF-8にするというだけなので特にこれで問題は起きないハズ)。
20070601-charsetconfmage8.png


で、感動したのは画像のまじったエントリを投稿する際。blogシステム側が画像のXML-RPC経由アップロードに対応していない場合、FTPを使ってアップロードするしくみも備えている。これも一画面で適当にパスワードなどを打ち込むだけ。そこそこわかりやすい。
20070601-ftpserverconfigmage1.png

サーバ側アップロードパスを設定する部分は、リモートのディレクトリツリーをGUIで見ながら設定できる。ここらへん、FTPなのに軽快だし。ちょい前のWindowsのWebフォルダ(FTP)のようにもっさりとした感じはまったくない。
20070601-ftpserverconfigfoldersmage2.png

で、最終的に投稿したエントリはこんな感じ。よく見ると画像サムネイルにドロップシャドウが付いている。これもLive Writerがつけてくれたもの。えらい!(つけないことももちろん可能)
20070601-resultviewmage6.png

生成されるHTMLはこんな感じになっている。例によってpなのがぼくは気に入らないけど…まあいいんじゃない? 注目すべき点は、画像が
・個別のファイルごとにディレクトリを掘る
・その中に本体とサムネイルを置く
という構成になっていることかな。これ、自分勝手なようでよく考えられた仕様だと思う。
20070601-resulthtmlmage4.png


講評。
おすすめ。知り合いがblogをやる、と言ったら確実にこれを勧める。最近のマイクロソフト製品のなかでは久しぶりの佳作ですよ。次回バージョンアップでツールバーをリボン形式にしたら殺すけど…。

※追記
これ、カット&ペーストで画像貼り込める…。ステキ…。でも強制改行できねーから使わない(←どこの原理主義者がなんと言おうとこれは譲らない)。
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。