2007/04/23

[ネット]   「したい!やりたい」で「世界征服」をめざす

at 23:02JST
なんか、@niftyから
「あたらしいネットサービスをはじめました」
というメールが来たので、とりあえず世界征服祈願してみた。

世界を征服したい  したい!やりたい :@nifty
http://shitaiyaritai.nifty.com/cs/catalog/shitaiyaritai_topic/catalog_070423026241_1.htm

むう…。

ぼくより先に「達成した人」が現れたらどうしよう。

[木鐸]   ぼくはタバコは大嫌いだけど、これは眉唾だ…

at 20:08JST
ぼくは他人がプカプカふかしている場に数分いただけでも扁桃腺が腫れたり熱が出たりするので、タバコは大嫌いだ。しかし、こういう根拠の怪しい論説がひとり歩きするのはもっとイヤだ。

NHKニュース: ADHD児の母親 喫煙率高い
http://www.nhk.or.jp/news/2007/04/23/d20070422000002.html
6歳から16歳までのADHDの子ども167人の親にアンケートをしたところ、喫煙率は、父親が70.1%、母親が46.7%で、一般の親の喫煙率と比べると父親は1.1倍でしたが、母親は2.7倍に高くなっていました。妊娠中に喫煙していたという母親も34.7%に上ったということです


おおかたコレを鵜呑みにして、今後ADHDの疑いのある児童に触れるたびに
「ああ、あれは母親が悪いのよ」
と陰口を叩く風潮を広める人間が増えるのだろう。「三歳児神話」(三歳までは母親がつかずはなれず育てないと子どもはダメになるという科学的根拠のまったくない珍説)と同じだ。実際にタバコを吸っていようが吸っていまいが、問題行動を起こす子どもを見かけたら「母親が悪い」と言うことができる。そういうふざけた論拠のひとつにしかならない。子宮頸ガンの女性をつかまえて、
「あんた、尻軽だからバチがあたったのよ」
と言うようなもんだ(←意味がわからない人はここらへんは自分で調べよう)。早い話が差別や偏見を助長する。

これは厳密な調査になっていない。

母数が167件というのも少なすぎるが、下はまったく社会生活に支障がないレベルから上はうつ症状を併発するレベルなど症状も程度も多種多様なADHDを一括して扱っており、なおかつ対象が6歳から高校に入る16歳までとまったく同一視できない範囲をいっしょくたにしてしまっている。そもそもADHDは血液検査やCTスキャンで
「あなたはADHD!」
と診断できるものではないので、ADHDとして扱われている中には“擬ADHD”な人も含まれる。これで喫煙習慣との因果関係を立証するのは無茶すぎる。

そもそも調査対象の家庭状況を統一して調べなければ科学的に因果関係をたしかめることはできない。年収や生活地域によっても喫煙習慣の普及度には差が出てくる。調査した医師は大阪・寝屋川市の人だが、これが金沢の山奥だったら(極論だが)喫煙習慣との関係性が確認できない可能性もある。

平成13年現在で産婦が多い20代女性の喫煙率はすでに1/4だった。これと19年現在の調査で「46.7%が喫煙者だった」という母親群の喫煙率とにほんとうに有意な差があるのかという点にも疑問がある。就職経験のある女性は職場での男性の喫煙などに影響されて一般に喫煙率が高くなるものだが、こうしたキャリアをもつ女性はADHDなどの情報に敏感な(リテラシーが高い)傾向がある。それだけ子どものADHD発見率が高くなるわけだが、これを逆方向から見れば当然「ADHD児の母親の喫煙率は高い」というとんちんかんな推測ができてしまう。

さらに、ADHDに対して
「なんだか最近そういうの増えてるよねー。
 女性の喫煙率が上がってるからじゃない?」
と勘違いしている人もいそうだが、
「ADHDが増えているという統計はない」
のだ。ADHDという概念自体が最近つくられたものなのだから。昔どれくらいいたのか、増えているか減っているか、そんなことはまったくわからない。ただ、そこにあてはめることで社会とうまくやっていく方法を検討しなおし幸せになれる人がいるので、便宜上そういう診断をしているに過ぎない。そういう人々は昔からいたのだ。おそらく増えても減ってもいない。

もちろん、妊娠中には飲酒・喫煙を控えたほうがいいとぼくも思う。そもそもつわりによくないのでタバコは吸えなくなるだろうし。しかし、これをもってして
「あら、問題行動児童よ。
 母親のせいよ」
と世間がうるさくなる可能性が思いっきり高いのはがまんならない。もっと慎重に調査・報道すべきだ。

そもそもこういった報道に触れてADHDがなんだかわかる人間って、どれくらいいるのだろうか。おおかた
「自分とはちがう、異常な人間。きもちわるい」
程度の浅い認識しかないだろう。ADHDって言ったって、スペクトラム的なもので症状には幅がある。本人にとって支障がなく社会とうまく折り合っていき、楽しく生きていけるのなら障害とは言えない。本当は、社会がもっと寛容ならADHD程度は単なる個性だ。実際、ADHDと気づかずに一生を終える人もいる。逆に、ADHDあるいはもっと致命的な障害を負っているにもかかわらず、
「いやーん、障害者ってキモーイ」
と他人を指さして笑っている人もいるだろう。それはあなたのことかもしれない。

日本では、人口1億2千万人のうち約1割がなんらかの障害を抱えているそうだ。100人いたら10人。10人いたら1人。

[雑記]   よくならない

at 18:17JST
少し出かけようと思いながら、テレビのスイッチを入れたらニュースをやっていた。ちょっと視ただけですっかり憂鬱になってしまった。

社会も人間も嫌いだ。そんなに刃を振り回したいなら、せめてぼくのいないところでやってくれと思う。「日本から出て行け」というのが昨今の流行りことばらしいが、もともとぼくが生きていた当然の権利としてのスペースさえどこかに用意してくれるならいつでも出て行きたい。「出て行け」という権利をふりかざすなら、代替地を提供するという義務も果たしてくれることだろう。

「ダメ教師を追い出せ」って、一国の首相が民放で得意げに話す内容だろうか。ぼくの親族の中学教員は、いま修学旅行に行っている。
「タダで旅行に行くのが仕事なんて教師はラクだ!」
というのが世の中の一般の認識だろう。でも、彼女は毎年(一般クラスではないので頻繁に行く)、その修学旅行費を学校に出してもらってるわけじゃない。即金で自腹を切っているのだ(しかも京都出身の人がなぜか毎年京都に自腹切って旅行に行くという矛盾)。そんなことも知らずに、世間の良識ある人間力の高い人々とやらは棍棒を振り回す。

ちなみに教員の場合、給食費ももちろん自腹だ。部活動の指導時間は給与支払いの対象にならない。夏休みは出勤している(出勤していないと思っている人々がいるらしいが)。IT企業なみの深夜勤が連日。県外への旅行は自由にできない。学校や父兄から呼び出しがあれば、土日・休日でも出動しなくてはならず携帯電話は常時つながるようにしていなければいけない。ほぼ24時間拘束される異常な業務なわけだが、政府は教員への優遇給与をとりやめたい方針だそうで。お金ももらえないのに一生懸命こんな仕事やって、からだ壊したときにはどうやって治せばいいんだろうね。

笑えない笑い話で、
「時間割を見たら、
 うちの息子の数学の先生は一日に一時間しか授業がない。
 そんなに短い勤務時間で給料がもらえるのはおかしい!」
と言ってきた父兄がいたそうだ。

しかし問題は「教員はたいへんだ」ということではなくて。父兄だって、
「とけゆく日本人」
だのとどこかの御用新聞が書き殴っている裏には、かならずそれなりの事情があるものだ。教員も父兄もおなじ人間なのだ。

だがなぜか、そういうことはいつも思考の埒外におかれる。そして人々は一時の快楽を求めるために誰かを攻撃しに走る。存在しない誰かを。被害妄想の域だが、次に矛先が自分に向かうのがあまりに自然に想像できすぎる。

攻撃したいのならさっさと殺し合って自滅すればいいのに。ぼくはさっさと逃げる。誰もいなくなった世界でのんびりと生きたい。

[雑記]   「谷根千」休刊

at 15:58JST
ちょうど谷根千地域でコーヒーを飲んでいる最中にケータイでニュースを読んでびっくり。

<「谷根千」>2年後に休刊 下町の記憶伝えた地域雑誌
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070423-00000023-mai-soci

2年後かよ! とか、部数“減”ってもともと部数少ないじゃないかよ! とか突っ込みたくなるのだが、

部数減や親の介護などが休刊の理由だが


にナットク。個人が好きで始めたものは個人の好きで終わらせるべきだ。富士見坂保存運動とか、したいことしたいようにやって、したいように終わる。いいことだ。

ただ、「部数6千部で採算を割ったので」って…。ぼく、その半分以下の雑誌をひいひい言って売ってたのに…_| ̄|O

[技術系]   UAC対策ソフト

at 01:17JST
窓の杜 - 【NEWS】Windows Vistaの“UAC”による権限昇格を一度で済ませるアプリ起動支援ツール
http://www.forest.impress.co.jp/article/2007/04/20/runascmdserver.html

あー、なるほどねー。セキュリティ上も問題なさそう。
しかし、今度は
「こいつを介して起動するショートカットの作成がめんどくさい」
となりそうだ。

[雑記]   谷中の雑貨店

at 00:50JST
このあいだ、大気が不安定で空がどよどよとものすごい色に染まっていた夕方。根津方面からの散歩がてらふだんより住宅地寄りを歩いてみた。

今まで気づかなかったが、このあたりには一風変わったアトリエや雑貨店が多いようだ。もう少し日暮里寄りのほうに多いのは知っていたけれど、こちらはやや観光名所から外れて人通りも少ないなかにひっそりと林立している。

20070423mage1.png


女性がやっている繊細なつくりの木製家具の店とか、画廊とか…。なかでも目を引いたのは、喫茶乱歩のわきあたりまで来たところにあった雑貨屋だ。

古今東西雑貨店 イリアス
http://www.big-o.co.jp/irias/

おばさんが二人店番をしていたが、このテの店にしては入りにくさがあまりなかったのでおじゃましてみた。中には、チャームとかバッグがひしめきあっている。ちなみに内部写真撮影は厳禁である(笑)。

いろんな作家さんの作品をあつめてきて、期間を区切って展示したりしているらしい。サイトを見てもそういったイベントをこまめにやっているようで、“真剣な雑貨屋さん”なんだということがわかる。そもそも展示のしかたひとつとっても手がこんでるし、店に入るとちゃんと声をかけて接客してくれるしで、殊勝な感じなのだが。

で、なんでわざわざメモしているかというと気に入ったものがあったから。忘れないように。

まずバッグ。
「遊悠学」というブランドで、山菜摘み向けのバッグが並んでいた。
http://www.big-o.co.jp/irias/shop/axe.htm
ここの左下に写ってる、ヒップハングのバッグがいいのだ。ぼくは手ぶら主義なので特に夏はヘンなポーチをぶら下げて歩くのだけれど、それでは容量が足りない。これをベルト状にかけて腰に下げればウエストポーチほどやぼったくないいっぽう、いろいろ持ち歩ける。今のシザーバッグよりいいかもしれない。

検索したら楽天でも遊悠学は売ってるんだけど、このバッグはないなあ。
http://item.rakuten.co.jp/e-hanafusa/c/0000000103/
このブランドは、中にクーラー生地をつけたりとかなり凝ってる。
http://item.rakuten.co.jp/e-hanafusa/yuyu-k4/

もうひとつは、このコインケース。
http://www.big-o.co.jp/irias/shop/coincase.htm
皮を使って、球やハート型に整形したケース! まるで手榴弾か水筒みたいでカワイイ! こんなのはじめてみた〜。で、もちろん金具がついているのでベルトループなどに引っかけられる。

いま使っているコインケースは別にかわいくないし(つーかぼくがかわいいのかわいくないのと言うのもヘンではあるな)、ちょっとヘタってきてしまっているので交替させるのにぴったり。うーん。ほしい。小さいやつでいいかな…。

あと、店頭では気づかなかったが、こんなのもいるらしい。
http://www.big-o.co.jp/irias/shop/gohlem.htm
ゴーレム^^; なんに使うんだよという感じだ。でもほしいな。値段が1/10だったら。

うーん。どうしようかなー。バッグはともかく、コインケースを買っちゃおうかなー。
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。