2007/04/16

[雑記]   technoratiからのリファラー

at 17:45JST
最近、technorati Japanの内部作業用とおぼしきサイトから飛んでくる人がいるのだが、そのリファラーが

/intranet/topblogs/queue.php?claimed=1

となっていてすこぶる気分が悪い…いや「クレーム」という意味じゃないが。

[ネット]   ケータイで自宅の音楽が聴ける「Sound Portal」

at 16:58JST
技術的にできなくはないとは思ってたけど、実際にサービスにこぎつけるとは! これはすごくないか?!

リテールコム、自宅PCの音楽を携帯で取得する「Sound Portal」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070416/retail.htm?ref=rss
株式会社リテールコムは16日、自宅のパソコンに保存した楽曲を、インターネット経由で携帯電話にダウンロードして音楽が楽しめる「Sound Portal」サービスを開始した。
 パソコン用ソフト「Sound Portalプレーヤー」を使用するサービスで、利用料は1年間1,980円


ITmedia +D モバイル:携帯でどこでもPCの音楽が聴ける「Sonud Portal」
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0704/16/news116.html

http://soundportal.jp/

アクセスしてみると、今なら30日間は無料で利用できる! これはぜひ試してみないと…ということで一通りやってみた。

PCとケータイを用意して会員登録を行う(ケータイも登録しておかないとあとで専用サイトにアクセスできない)。その後、専用プレイヤーをダウンロードしてインストール。

インストール中に「VPNうんたら…」というツールが勝手に導入される。おお! さらっとVPNを利用することで、自宅パソコンを手軽にネットに公開できるようにしているんだ! えらい! ルータの設定とかいじる必要まったくなし。

ちなみに中を見てみると、このVPNにはPacketiXが使われていた。へえ。

専用プレイヤーは、まあ並のデキ。ふつうにライブラリを構築してMP3などの再生ができる。iTunesほどガチガチにかためていないのがちょっと好印象。

携帯に楽曲を転送するには、ライブラリに登録したデータを「携帯再生用」(3gpなど)にコンバートしておく必要がある。変換自体は数十秒で終わる。

また、その後メニューの
「モード」→「メディアサーバ」
にチェックを入れておく。これで自宅PCにSound Portal経由で携帯からアクセスすることができる…ようだ。

「ようだ」というのは、なんと! ぼくのメインケータイのソフトバンクは、Sound Portalの楽曲ダウンロードに対応していないから…わからない_| ̄|O

ちなみに対応機種はこちら。
http://soundportal.jp/mobile_list01.html

いま、うちのFOMAはF900iTが最新なので、確かめるすべがない…。うう。明日どっか行って適当なのを入手してくるか。

とりあえず、プレイヤーとかもそこそこよくできているので悪くないサービスだと思う。ちょっとケータイサイトが不安定っぽかった(途中でセッションが切れる)けど。

これはすごいよー。注目されるべきだー。

[雑記]   「サンシャイン2057」観てきた

at 14:17JST
スバル座古い。

アレだね。どうして深宇宙でサスペンススリラーやるとフォーマットが同じになっちゃうかね。「スペースサタン」とか(例が悪すぎる)。

結論:意外におもしろい。

(スペースサタン+インビジブル)×28日後...=サンシャイン2057

って感じだ。最後が×なのがポイント。つまり、28日後を楽しめた人はけっこうハマる。ただ映画館で観たほうがいい。家だと飽きる。なるべく頭をからっぽにして行くべし。

原題が「サンシャイン」なのに、わざわざ「クライシス2050」に合わせたのは日本の配給会社のイヤミだね、完全に。冒頭、「7年前のイカルス1号は失敗…」とか出て、すげー勘繰らされる。しかし中身は比較にならないほどレベル高い。

SF性は非常に高いと思う。某所で、科学考証の人が監督と「マンハッタン島サイズの核なんて運べない」と争った逸話を取り上げて「理系と文系の衝突だ」などと冷笑してる人がいたが、バカげた文理二分論だ。実際には納得の行く描写があってけっこう燃えた。

太陽熱シールドは自己熔融型素材だったら面白いのにと思ったけど、あれのほうが現実的かな。EVAのシーンとか、水冷コンピュータ。なかなかいい。終盤のエアロックのところも、「エイリアン」の似たようなシーンに比べるとだんぜんリアル。

後半の急展開で
「えー、それはねーだろ」
と思うかも知れないが、細かいところで伏線を引いているのでよく考えると納得する。ちゃんと2本使っているのさー。

まー、邦題とか、途中で戦国自衛隊のサトエリが出てくるとか、自己犠牲賞賛っぽくて安倍総理が「ミリオンダラーベイビー」のように誤読しそうだとか不利なポイントは多いけど、暇つぶしにはいい映画だよ。

訳がヘンなとこがあって最後まで観たら、やっぱ戸田のなっちゃんだった。

[雑記]   素晴らしき哉マナーのセカイ

at 11:21JST
山手線の車内CMで、例の「おとなのマナー」を流してた。今日のマナーは
「ケータイで相手の声が小さくて困ったらどうすべきか」

…正解は
「こちらも小さな声でしゃべる」
だってさ。

うわーい。これからは相手につられて小さな声でしゃべってしまうと、
「最近の若者は」とか
「人間力が低い」とか
「日本人じゃない」とか
「やはり憲法改正が必要だ」とか言われちゃうのね。生きづらーい。

多くの場合、人間というのは会話相手の口調に無意識のうちに合わせてしまうので、こっちが小さい声で話したら相手も小さい声になってしまうものなんだが。電車内のように聞き取りづらい場所で携帯を使うと知らずにお互い声が大きくなってしまうのが実例。

教員の授業テクニックで
「子どもが騒いでいるときどうするか」
のひとつは
「黙る。またはわざと小さな声で話す」
だったりする。ふつうのスピーチでも使える。でも、これだって銀の弾丸じゃない。状況に応じて臨機応変にいろんな方法を取る必要がある。

マナーっていうのは、結局
「思考停止装置」
だ。うまく動作するときはいいかも知れないが、そうでないときは人間を攻撃へと駆り立てる。おまけにこいつはポンコツなので、文化コンテキストがちょっと違うだけで誤動作する。エスカレーターで右左どちらを空けるか東西で違うように。

必要なのは常に自分で考えることだ。世間がどう言ってるかは関係ない。

キレる人間が増えていると言われるが、それが真実なら理由は
「くだらないマナーに依存しているから」
だ。マナーを語るヤツは必ずそれを凶器にして他人にキバを剥く。憲法だの日教組のせいじゃないよ。ましてや徳育の時間がないせいでも。ヨシイエくん。

[技術系]   mp3を与えるとバコバコ歌詞ファイルを生成してくれるperlスクリプト

at 02:44JST
大塚愛の「CHU-LIP」を借りてきて、例によって歌詞が聴き取れないのでネットをさまよってたらちょっとびっくり。

詳細検索 - goo 音楽
http://music.goo.ne.jp/lyric/db.php

gooって、歌詞の条件付き検索ができるうえに表示画面がプレインテキスト(HTML)だ…。JavaScriptなどでコピー等できないようにはなってるが、そんだけ。ほかのサイトみたいにFlashじゃないんだ。

データ提供元の「Uta-Net」も歌詞表示画面は同じ。ただ、自由度の高い検索ができない=自動化に不便。
http://www.uta-net.com/

えー…えーんかいな、これじゃ簡単なスクリプトで自動取得し放題じゃん。いろんなフリーソフト使わなくてもいいんだ。と思ってカリカリ書いてみた。

getlyrics.pl

MP3ファイルを与えるとID3タグからそれっぽい曲を勝手に探し出して、同じディレクトリの.txtファイルとして書き出してくれる(強制上書き)スクリプト。MP3::Tag使ってます。動作確認はWindows XP SP2 + ActivePerl 5.8.6。スクリプトがEUC-JPになってないと正常動作しない。

ALI PROJECTの「ARISTOCRACY」で試したら、13曲中11曲であっという間に歌詞ファイルができた(なんつーアルバムで試してんねん)。


ぼくは日本語の聴き取りがヘタなので、一時期MP3の歌詞ファイルづくりにハマってた。しかし、テキストを拾うのがたいへんで最近は放置してたんだよね。これならやる気出そう。ま、あとタイムタグの挿入をしないと使い物にならないか…曲長を行数で割ってダミーの時間を入れていくようにしてもいいかな?

そういえば、前にフォーマット解析して作った歌詞データ内蔵化スクリプトはどこに行ったろ。
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。