2007/04/25

[木鐸]   うそつけ。みんなユリ・ゲラーを信じていたじゃないか

at 22:04JST
「また「あるある大事典」にダマされた。」[書評]第21回/SAFETY JAPAN/日経BP社
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/bookreview/22/index.html

わたしたちの常識は弱体化したのか
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/bookreview/22/06.html
だが、ここで思い出してもらいたい。かつてのわたしたちは、そんなに簡単にバラエティ番組の言うことを信じていただろうか。
例えば、かつて超能力者を自称するユリ・ゲラーという人物が、テレビに出演してスプーンを曲げた時、あなたは超能力を信じただろうか。あなたは信じたとして、ではあなたの周囲の大人は、ユリ・ゲラーを信じただろうか。


いや、常識は弱体化なんかしていないよ。むかしから変わらない。もともと“常識”は弱かった。いや、常識ということばをここで使うのは正しくない。
「社会がもつ知識とか知見というものは、常にぜい弱なものだった」
と言うべきか。

松浦氏の周りの人間がどれだけ知的にすぐれていたかは知らないが、「周囲の大人は信じていなかった」などというのは過去を美化しすぎだ。超能力・オカルトブーム時代、子どもたちはもちろん多くの大人たちが
・こっくりさん
・UFO
・ESP
の存在を大なり小なり信じていたことを、ぼくは同時代の空気で知っている。もちろん、ぼく自身もそれらの何割かをどこかで信じていた。信じなかった、理解の及ばない恐怖の世界があるかもしれないと不安におびえることもなかった…などと断言するのは、自分の無謬性を主張したがる厚顔無恥な輩だけだろう。そもそも「納豆ダイエット」だって、
「いやー、そんなもんで手軽にやせられないだろ」
と思いつつ、少なくとも
「でもカラダに悪いってほどでもないだろうから完全に否定はできない…」
と留保をつけている人がほとんどだったはずだ(いきなり留保もつけず、なんの根拠もなく“納豆ダイエット”を否定したらそれはそれでまた疑似科学に陥る)。

別に人間は変わっていない。

そんなことは疑似科学分野だけでなく、過去に起きたデマによる取り付け騒ぎやオイルショックを思い出せば十分反証になるだろう。

名の知れたサイエンスライターともあろうものが、過去賛美のノスタルジアにふけってしまうとはがっかりすることこのうえない。

個人的に振り返るならば、1980年代にしきりと放送された「UFOは実在した」系統の特別番組あたりから、番組を真に受ける人が増えてきたように思う


それは年齢的に、あなたが“物心ついた”のが80年代だからでしょう。テーマがUFOという、現在の専門分野である宇宙開発系に近い領域だということも、それを示唆している。

人間は自分の目でしかものごとを見ることができないね。

しかも、解決策として提示しているのが、

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/bookreview/22/07.html
わたしは著作権法を改正し、テレビ番組内容の真偽に関する検証に必要な映像は、不特定多数による動画サイトへのアップを合法化すべきと考える


と、ご都合主義的な著作権侵害合法化論とは恐れ入る。まあ、ギーク(ナード)寄りのコミュニティに属する松浦氏だけにさもありなんと言えばそのとおりの結論だけれど。

ちなみに、現行法制下でも批評目的での正当な映像の“引用”は十分可能だ。単に十分に法論議が尽くされていないだけ。不必要な著作権侵害を正当化する必要なぞない。

さらに脳天気なのは、動画の再送信が「検証」にだけ役に立つと思っているかのような物言いだ。もちろん“マイナス面”もある。
「デマゴギーの再送信」
にも通ずるという点だ。そんなもの、Youtubeあたりを歩くと「チャンネル桜」の番組がゴロゴロ転がっていて、好意的な評価を受けていることを見ればわかる。全体としてはプラスの効果もマイナスの効果もあり、結果として現状の社会が提供している機能になんらかの補正を働かせるものにはならない。なるかのような期待を抱かせられるのは、単に今は利用度のパイが小さいからだ。普遍的なものになれば母集団と同じ性質に落ち着いてしまう。

あるあるが断罪されても、みんなあいかわらず
・血液型で性格がわかる
・月経血コントロールで人間力アップ
・トイレそうじで幸せになる
などというむちゃくちゃを信じているし、イデオロギー色の強い分野では
・道徳教育が教育を再生する
などというトンデモ理論が跋扈してる。そんでもって、ソーシャルブックマークサイトには、「ネット型バラエティ番組」とも言える
「あなたが成功する20の××」
が常に人気エントリにランクイン。こんなものを読んでいる人間がバラエティ番組をどうして笑えるだろう。ネットを使おうが使うまいが変わらないじゃないか。

集団の知性というのはそもそもこんなものなのだ。みんななんとなくキモチよさそうなものを、みんなといっしょにキモチよくなるために信じている。むしろ人が増えれば増えるほど軌道修正は困難になる。

これに対抗すべきだと言うのであれば、その方法は
「不断な個の知性の強化」
しかない。それは絶望的な戦いではじめから負け戦で今後も負け続けるのだが、銀の弾丸はないのだ。せいぜい「個の知性に肯定的なムード」を作り上げていくくらいだろう、社会にできるのは(現状わたしたちの社会はそうなっていない。出る杭は打たれる)。

そもそも、松浦氏がお手軽に飛びついた
「人間の経年劣化」
などという主張のほうが、納豆ダイエットよりよほど根拠不明の疑似科学に思えるのだがね。

[雑記]   藤棚のある公園

at 14:06JST
また昼夜逆転しはじめた。

調整のため、徹夜のまま喫茶店まで足を運んだ。思ったより雨の勢いが弱まらず、傘をもたないで来たことを後悔したりして。コーヒーを一杯飲んで、雨がさらさらと降るなか裏道を通って家にもどることにした。

坂を不忍通りへと降りるところでいつもと違う道を通ったら、勾配のキツいところが一面公園になっているのをはじめて発見した。住宅街にあるとは思えないつくりで、狭い敷地内に滝あり池ありあずまやありになっている。なんとこんなところに…と思ってよく見たら、引っ越したてのころにいちど来たことのある公園だった。そうか。裏側から入るとこんなふうになっているのか。

20070425mage006.jpg

こんな感じで、ケータイで撮ってもみごとな藤棚がある。ぼくのような近眼の人には、霧雨の中だとなおさらきれいに見える。

引っ越してきたとき、家の周りを探検しててここを発見して。池に「ここに住んでいたアヒルが亡くなりました」という看板と花があるのを見て、
「ほお…。情緒のある街なんだなあ…」
と、弱ったココロを打たれた覚えがある。

んー、でも藤棚こんなにすごかったかな。改装したのかしらん。

[技術系]   OpenID向けのプロキシサービスとか

at 09:25JST
OpenIDが熱狂的に受け入れられる理由 − @IT
http://www.atmarkit.co.jp/news/analysis/200704/23/openid.html

「いつ熱狂的に受け入れられたんだよ!」と思ったら、海の向こうの話だった。

ときおりOpenIDを使いたくなって調べてまわる。でも、日本じゃまだまだ対応アプリケーション(サイト)が少ない。わかりにくいのもあるけど、スタートラインにも立ってないくらいの感じだと思う。

おもったことめも。

a・各サイトの認証API→OpenIDのプロキシサービスって作れるよね

はてなとかlivedoor。現状でも勝手に作れる。
MovableTypeへのコメント時、アイデンティティを保証するのに使いたい人が少しいるんじゃないかな。まあ、つくったところで
- はてなやlivedoorがOpenID認証サーバを提供するまで
- OpenIDがメジャーになるまで
の過渡期的サービスに過ぎないんだけど。

b・個別のblogホストがぜんぶOpenIDの認証サーバになってくれんものか

ふつうの人に宣伝したり理解させるのがすごく面倒。その点、
「認証するのであなたのblogのアドレス入れてね」
ってだけで使えたら、すごく便利なシングルサインアップ機構になると思う。SixApartのOpenID対応って、そういうことしてるわけじゃないよね? MovableType使ってないので確認すんのめんどい。

※追記
調べ物してたらあった。
OpenID 認証サーバを、MovableTypeプラグインで管理:Goodpic
http://www.goodpic.com/mt/archives2/2005/11/openid_movablet.html

対応サイト:
認証側
自分のブログURLをIDで使える!−OpenID.ne.jp(オープンアイディー)
http://www.openid.ne.jp/#domesticsites

AP側
Choix(チョイックス) ログイン
https://www.choix.jp/login

[技術系]   かいけつゾロリ:DBIx::Class::Schema::Loaderエラー

at 06:01JST
DBIx::Class::Schema::Loaderエラー : ひろ式めもちょう
http://memo.hirosiki.jp/article/39855080.html

やっぱActivePerlのDBI/DBD::mysqlが古かったせいらしい。coLinux側でmakeしたら動いた。

つーか、ぼくはActivePerl自体わざと古いのを入れてるので、そもそもそれもイケないんだろけど…。

・perl
 v5.8.6 built for MSWin32-x86-multi-thread
・DBD::mysql
 3.0002
・DBI.pm
 9152 2007-02-22(あれ?)



・perl
 v5.8.4 built for i486-linux(あれ?)
・DBD::mysql
 4.004
・DBI.pm
 9152 2007-02-22

DBD::mysqlが戦犯かね。

#! /usr/bin/perl 
package Schema;
use strict;
use base 'DBIx::Class::Schema::Loader';

__PACKAGE__->loader_options(
relationships => 0,
options => { AutoCommit => 1 },
debug => 1,
);
__PACKAGE__->connect(
'dbi:mysql:hoge',
'******', # user
'*******', # password
);

1;

package main;
use strict;
use Data::Dumper;

my @tables = Schema->loader->tables;
print Dumper( \@tables );


たったこんだけなのに、なにがいけなかったんだろ。いやーん。coLinuxのディスク領域が小さいからWindows側でコーディングしたかったのにー。

[雑記]   「スーパーナチュラル」視てあぶあぶあー

at 03:40JST
海外ドラマの「スーパーナチュラル」。ホラーは好きだが、DVD借りて視るほどとは思えず放置してた作品。日テレで放映がはじまったので視てみた。

しかし始まって10分で何か違和感が…。
主人公兄弟の声がおかしい…。
滑舌が微妙に悪いし、強調のしかたも文の区切りもおかしい。演技もヘン。

調べてみたら、成宮ナントカと次長課長の人(カッコいいほう)が吹き替えしてるらしい…_| ̄|O

どーしてタレントを声優がわりに使うかー!

シクシク…。字幕が嫌いなだけに致命的だ。

しかし、ドラマ自体はけっこうおもしろいかもしれん。導入はあんまり興味をひかなかったけど、恐怖描写がしっとりしてていいぞ。

[技術系]   I don't know how to make love

at 02:06JST
mysql-5.0.37のmakeを始めたら、30分かかっても終わらないんですけど…。昔っからこんなにかかったっけ? もしかして、間違ってmake worldでもしちゃったのか?

このサーバ、コンデンサに問題があるだけでなくそもそも非力すぎるよね…。しかし部屋が暑くなるのは困るしなあ。

2007/04/24

[技術系]   DBIx::Class::Schema::Loaderエラー

at 04:33JST
DBIx::Class::Schema::Loaderで自動的にスキーマを取得させようとすると、

・指定したデータベースにテーブルが2つ以上の場合
 
Can't use an undefined value as an ARRAY reference at C:/aPerl/site/lib/DBIx/Class/Schema/Loader/DBI.pm line 96.

 でエラー
・指定したデータベースに空白文字を含む名前のテーブルがある場合(まあそもそもそんなテーブル作らないけど)
 
DBD::mysql::st execute failed: You have an error in your SQL syntax; check the manual that corresponds to your MySQL server version for the right syntax to use near 'table WHERE ( 1 = 0 )' at line 1 at C:/aPerl/site/lib/DBIx/Class/Storage/DBI.pm line 930.

 でエラー
 
…使えればもてはやす気になるが、なぜ動かない。DBDが古いせいか? でも前者は関係ないわりに致命的だしなあ…。

つづき:
http://memo.hirosiki.jp/article/39974202.html

[雑記]   さむい

at 02:37JST
かぜぐすりのもうかな…。

気分の勾配も落ち着かない。これでねむれたらいいなぁ…。

2007/04/23

[ネット]   「したい!やりたい」で「世界征服」をめざす

at 23:02JST
なんか、@niftyから
「あたらしいネットサービスをはじめました」
というメールが来たので、とりあえず世界征服祈願してみた。

世界を征服したい  したい!やりたい :@nifty
http://shitaiyaritai.nifty.com/cs/catalog/shitaiyaritai_topic/catalog_070423026241_1.htm

むう…。

ぼくより先に「達成した人」が現れたらどうしよう。

[木鐸]   ぼくはタバコは大嫌いだけど、これは眉唾だ…

at 20:08JST
ぼくは他人がプカプカふかしている場に数分いただけでも扁桃腺が腫れたり熱が出たりするので、タバコは大嫌いだ。しかし、こういう根拠の怪しい論説がひとり歩きするのはもっとイヤだ。

NHKニュース: ADHD児の母親 喫煙率高い
http://www.nhk.or.jp/news/2007/04/23/d20070422000002.html
6歳から16歳までのADHDの子ども167人の親にアンケートをしたところ、喫煙率は、父親が70.1%、母親が46.7%で、一般の親の喫煙率と比べると父親は1.1倍でしたが、母親は2.7倍に高くなっていました。妊娠中に喫煙していたという母親も34.7%に上ったということです


おおかたコレを鵜呑みにして、今後ADHDの疑いのある児童に触れるたびに
「ああ、あれは母親が悪いのよ」
と陰口を叩く風潮を広める人間が増えるのだろう。「三歳児神話」(三歳までは母親がつかずはなれず育てないと子どもはダメになるという科学的根拠のまったくない珍説)と同じだ。実際にタバコを吸っていようが吸っていまいが、問題行動を起こす子どもを見かけたら「母親が悪い」と言うことができる。そういうふざけた論拠のひとつにしかならない。子宮頸ガンの女性をつかまえて、
「あんた、尻軽だからバチがあたったのよ」
と言うようなもんだ(←意味がわからない人はここらへんは自分で調べよう)。早い話が差別や偏見を助長する。

これは厳密な調査になっていない。

母数が167件というのも少なすぎるが、下はまったく社会生活に支障がないレベルから上はうつ症状を併発するレベルなど症状も程度も多種多様なADHDを一括して扱っており、なおかつ対象が6歳から高校に入る16歳までとまったく同一視できない範囲をいっしょくたにしてしまっている。そもそもADHDは血液検査やCTスキャンで
「あなたはADHD!」
と診断できるものではないので、ADHDとして扱われている中には“擬ADHD”な人も含まれる。これで喫煙習慣との因果関係を立証するのは無茶すぎる。

そもそも調査対象の家庭状況を統一して調べなければ科学的に因果関係をたしかめることはできない。年収や生活地域によっても喫煙習慣の普及度には差が出てくる。調査した医師は大阪・寝屋川市の人だが、これが金沢の山奥だったら(極論だが)喫煙習慣との関係性が確認できない可能性もある。

平成13年現在で産婦が多い20代女性の喫煙率はすでに1/4だった。これと19年現在の調査で「46.7%が喫煙者だった」という母親群の喫煙率とにほんとうに有意な差があるのかという点にも疑問がある。就職経験のある女性は職場での男性の喫煙などに影響されて一般に喫煙率が高くなるものだが、こうしたキャリアをもつ女性はADHDなどの情報に敏感な(リテラシーが高い)傾向がある。それだけ子どものADHD発見率が高くなるわけだが、これを逆方向から見れば当然「ADHD児の母親の喫煙率は高い」というとんちんかんな推測ができてしまう。

さらに、ADHDに対して
「なんだか最近そういうの増えてるよねー。
 女性の喫煙率が上がってるからじゃない?」
と勘違いしている人もいそうだが、
「ADHDが増えているという統計はない」
のだ。ADHDという概念自体が最近つくられたものなのだから。昔どれくらいいたのか、増えているか減っているか、そんなことはまったくわからない。ただ、そこにあてはめることで社会とうまくやっていく方法を検討しなおし幸せになれる人がいるので、便宜上そういう診断をしているに過ぎない。そういう人々は昔からいたのだ。おそらく増えても減ってもいない。

もちろん、妊娠中には飲酒・喫煙を控えたほうがいいとぼくも思う。そもそもつわりによくないのでタバコは吸えなくなるだろうし。しかし、これをもってして
「あら、問題行動児童よ。
 母親のせいよ」
と世間がうるさくなる可能性が思いっきり高いのはがまんならない。もっと慎重に調査・報道すべきだ。

そもそもこういった報道に触れてADHDがなんだかわかる人間って、どれくらいいるのだろうか。おおかた
「自分とはちがう、異常な人間。きもちわるい」
程度の浅い認識しかないだろう。ADHDって言ったって、スペクトラム的なもので症状には幅がある。本人にとって支障がなく社会とうまく折り合っていき、楽しく生きていけるのなら障害とは言えない。本当は、社会がもっと寛容ならADHD程度は単なる個性だ。実際、ADHDと気づかずに一生を終える人もいる。逆に、ADHDあるいはもっと致命的な障害を負っているにもかかわらず、
「いやーん、障害者ってキモーイ」
と他人を指さして笑っている人もいるだろう。それはあなたのことかもしれない。

日本では、人口1億2千万人のうち約1割がなんらかの障害を抱えているそうだ。100人いたら10人。10人いたら1人。

[雑記]   よくならない

at 18:17JST
少し出かけようと思いながら、テレビのスイッチを入れたらニュースをやっていた。ちょっと視ただけですっかり憂鬱になってしまった。

社会も人間も嫌いだ。そんなに刃を振り回したいなら、せめてぼくのいないところでやってくれと思う。「日本から出て行け」というのが昨今の流行りことばらしいが、もともとぼくが生きていた当然の権利としてのスペースさえどこかに用意してくれるならいつでも出て行きたい。「出て行け」という権利をふりかざすなら、代替地を提供するという義務も果たしてくれることだろう。

「ダメ教師を追い出せ」って、一国の首相が民放で得意げに話す内容だろうか。ぼくの親族の中学教員は、いま修学旅行に行っている。
「タダで旅行に行くのが仕事なんて教師はラクだ!」
というのが世の中の一般の認識だろう。でも、彼女は毎年(一般クラスではないので頻繁に行く)、その修学旅行費を学校に出してもらってるわけじゃない。即金で自腹を切っているのだ(しかも京都出身の人がなぜか毎年京都に自腹切って旅行に行くという矛盾)。そんなことも知らずに、世間の良識ある人間力の高い人々とやらは棍棒を振り回す。

ちなみに教員の場合、給食費ももちろん自腹だ。部活動の指導時間は給与支払いの対象にならない。夏休みは出勤している(出勤していないと思っている人々がいるらしいが)。IT企業なみの深夜勤が連日。県外への旅行は自由にできない。学校や父兄から呼び出しがあれば、土日・休日でも出動しなくてはならず携帯電話は常時つながるようにしていなければいけない。ほぼ24時間拘束される異常な業務なわけだが、政府は教員への優遇給与をとりやめたい方針だそうで。お金ももらえないのに一生懸命こんな仕事やって、からだ壊したときにはどうやって治せばいいんだろうね。

笑えない笑い話で、
「時間割を見たら、
 うちの息子の数学の先生は一日に一時間しか授業がない。
 そんなに短い勤務時間で給料がもらえるのはおかしい!」
と言ってきた父兄がいたそうだ。

しかし問題は「教員はたいへんだ」ということではなくて。父兄だって、
「とけゆく日本人」
だのとどこかの御用新聞が書き殴っている裏には、かならずそれなりの事情があるものだ。教員も父兄もおなじ人間なのだ。

だがなぜか、そういうことはいつも思考の埒外におかれる。そして人々は一時の快楽を求めるために誰かを攻撃しに走る。存在しない誰かを。被害妄想の域だが、次に矛先が自分に向かうのがあまりに自然に想像できすぎる。

攻撃したいのならさっさと殺し合って自滅すればいいのに。ぼくはさっさと逃げる。誰もいなくなった世界でのんびりと生きたい。

[雑記]   「谷根千」休刊

at 15:58JST
ちょうど谷根千地域でコーヒーを飲んでいる最中にケータイでニュースを読んでびっくり。

<「谷根千」>2年後に休刊 下町の記憶伝えた地域雑誌
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070423-00000023-mai-soci

2年後かよ! とか、部数“減”ってもともと部数少ないじゃないかよ! とか突っ込みたくなるのだが、

部数減や親の介護などが休刊の理由だが


にナットク。個人が好きで始めたものは個人の好きで終わらせるべきだ。富士見坂保存運動とか、したいことしたいようにやって、したいように終わる。いいことだ。

ただ、「部数6千部で採算を割ったので」って…。ぼく、その半分以下の雑誌をひいひい言って売ってたのに…_| ̄|O

[技術系]   UAC対策ソフト

at 01:17JST
窓の杜 - 【NEWS】Windows Vistaの“UAC”による権限昇格を一度で済ませるアプリ起動支援ツール
http://www.forest.impress.co.jp/article/2007/04/20/runascmdserver.html

あー、なるほどねー。セキュリティ上も問題なさそう。
しかし、今度は
「こいつを介して起動するショートカットの作成がめんどくさい」
となりそうだ。

[雑記]   谷中の雑貨店

at 00:50JST
このあいだ、大気が不安定で空がどよどよとものすごい色に染まっていた夕方。根津方面からの散歩がてらふだんより住宅地寄りを歩いてみた。

今まで気づかなかったが、このあたりには一風変わったアトリエや雑貨店が多いようだ。もう少し日暮里寄りのほうに多いのは知っていたけれど、こちらはやや観光名所から外れて人通りも少ないなかにひっそりと林立している。

20070423mage1.png


女性がやっている繊細なつくりの木製家具の店とか、画廊とか…。なかでも目を引いたのは、喫茶乱歩のわきあたりまで来たところにあった雑貨屋だ。

古今東西雑貨店 イリアス
http://www.big-o.co.jp/irias/

おばさんが二人店番をしていたが、このテの店にしては入りにくさがあまりなかったのでおじゃましてみた。中には、チャームとかバッグがひしめきあっている。ちなみに内部写真撮影は厳禁である(笑)。

いろんな作家さんの作品をあつめてきて、期間を区切って展示したりしているらしい。サイトを見てもそういったイベントをこまめにやっているようで、“真剣な雑貨屋さん”なんだということがわかる。そもそも展示のしかたひとつとっても手がこんでるし、店に入るとちゃんと声をかけて接客してくれるしで、殊勝な感じなのだが。

で、なんでわざわざメモしているかというと気に入ったものがあったから。忘れないように。

まずバッグ。
「遊悠学」というブランドで、山菜摘み向けのバッグが並んでいた。
http://www.big-o.co.jp/irias/shop/axe.htm
ここの左下に写ってる、ヒップハングのバッグがいいのだ。ぼくは手ぶら主義なので特に夏はヘンなポーチをぶら下げて歩くのだけれど、それでは容量が足りない。これをベルト状にかけて腰に下げればウエストポーチほどやぼったくないいっぽう、いろいろ持ち歩ける。今のシザーバッグよりいいかもしれない。

検索したら楽天でも遊悠学は売ってるんだけど、このバッグはないなあ。
http://item.rakuten.co.jp/e-hanafusa/c/0000000103/
このブランドは、中にクーラー生地をつけたりとかなり凝ってる。
http://item.rakuten.co.jp/e-hanafusa/yuyu-k4/

もうひとつは、このコインケース。
http://www.big-o.co.jp/irias/shop/coincase.htm
皮を使って、球やハート型に整形したケース! まるで手榴弾か水筒みたいでカワイイ! こんなのはじめてみた〜。で、もちろん金具がついているのでベルトループなどに引っかけられる。

いま使っているコインケースは別にかわいくないし(つーかぼくがかわいいのかわいくないのと言うのもヘンではあるな)、ちょっとヘタってきてしまっているので交替させるのにぴったり。うーん。ほしい。小さいやつでいいかな…。

あと、店頭では気づかなかったが、こんなのもいるらしい。
http://www.big-o.co.jp/irias/shop/gohlem.htm
ゴーレム^^; なんに使うんだよという感じだ。でもほしいな。値段が1/10だったら。

うーん。どうしようかなー。バッグはともかく、コインケースを買っちゃおうかなー。

2007/04/22

[雑記]   ;_;

at 02:50JST
ついてない。
スカルマン録画しそこねた。
もう死のう。

2007/04/21

[雑記]   「ドルアーガの塔」がこの先生きのこるには

at 23:02JST
きのこる先生…。
     _,,...,_
  /_~,,..::: ~"'ヽ
 (,,"ヾ  ii /^',)
    :i    i"
    |(,,゚Д゚)
    |(ノ  |)
    |    |
    ヽ _ノ
     U"U

PSPで「ドルアーガの塔」をプレイしている。

実は、ドルアーガは2面以上進んだことがなかった。というか、1面で手に入る
「カッパーマトック」
の使い方も知らずウン十年…。ようやくわかった。

「カベに向かって止まり、剣を振る」

だって。そんなのインストに書いてなかったぞ…。

それはともかく、このゲームはあまりにひどすぎる。当時のナムコのゲームはとてもぼくと相性が悪く、ぼくはもっぱらコナミかタイトーのシューティングをやっていた。今やってわかった。ドルアーガは相性どころの問題じゃない…これは理不尽としか言いようがないじゃないか! とにかくすぐ死ぬ。スライムで死ぬ。ウィルオーウィスプで死ぬ、スペルで死ぬ…。アーケードで稼働していたときは、ひとりのプレイヤーが延々とプレイし続けている印象しかなかったけど、導入当初はインカムうなぎのぼりでオーナーうはうはだったんだろうなあ…。

意地でなんとか19面まで行った。
しかし、あんまりおもしろくはないよなあ…。

批判ばかりではなんなので、ドルアーガを
「どうアレンジしたらおもしろくなるか」
を考えてみた。

・ヒットポイント制をとる
ギルがどれくらい死にそうなのかをわかりやすくする効果が期待できる。

・通路を広く
いちど通路でメイジに挟まれたら確実に死ぬ、なんて状況をなくす。ドット単位で避けまくれ!

・魔法を使えるようにする
敵ばっかり魔法使えるのは不公平だ。レベルアップごとにいろんな魔法が使えると楽しいね。

・2人同時プレイに対応
60Fもの孤独な戦いをひとりで耐えるのはたいへんだ。ぜひ2人が同時にプレイできるようにしたい。なおかつ、片方は女性キャラだと画面が華やぐ。

こんな感じでドルアーガをリメイクしたらどうでしょう!

…これ、「リターン・オブ・イシター」じゃねえか_| ̄|O

[雑記]   ハニーコーヒー

at 17:56JST
mage20070421.jpg

カフェ・クラナッハの「アイスハニーコーヒー」はけっこうイケるかもしれん。

重い気持ちを引きずって散歩に出てきたのだが、暑いし、ふつうにコーヒー飲むとまた酔っ払うので、コレを頼んでみた(一般にアイスコーヒーのほうが濃いからやばいんじゃないのという気もするけど、氷が溶けるまで待つ!)。

コーヒーの苦みにハチミツのツンとした甘味が重なって、けっこう楽しい。あんまり甘すぎもしない。へー。カフェラテにハニーシロップかけたのはけっこうあるが、あれともちょっと違うのね。

あと、ここのケーキはチーズケーキ(ケーゼクーヘン)のほうがいいね。量が多い。ほかのは詐欺←そこまで言うのはおまえだけ

って考えてたら店員さんが、入ってくる客にラストオーダーだと言い始めた。なにー! そうか、閉店6時か…。ほんとにここらへんの夜は早過ぎる…。

2007/04/20

[ネット]   「字幕をつけ隊!」

at 18:33JST
日本語字幕の無いDVDに字幕を表示する「字幕をつけ隊!」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070420/qtec.htm?ref=rss

ブラウザ上で
・DVDの再生
・同期した字幕の表示
を行うサービス。

字幕、というか映画脚本の著作権に関しては権利者の許可を個別に取っている。

で、「ブラウザ上」というところが興味をひいた。どうやってDVDを再生させているんだろう。どうやらMacromedia Director / Shockwave Player 10を使っているらしい。

http://www.adobe.com/jp/support/director/ts/documents/dr0376.html

DVDを挿入した上でテストプレイヤーを使うと実際に試してみることができる。

web-shake.jp 「HELP - web-shakeの使い方」
http://web-shake.jp/help/index.html

んーと。XPって、素でDVDの再生に対応してたんだっけか? Shockwaveに内蔵されたコンポーネントの機能なのかな。どっちにしてもいいなこれ。

聴覚障害者向けのサービスに限らず、これを応用すれば
「字幕.in」のDVD版
みたいなものが実現できる。セリフをそのまま転写してしまうと著作権侵害だけれど、「ホットペッパーのCM」みたいな感じでパロディ作品をつくるぶんには合法に近いグレーで受け入れられるかもしんない。おもしろい…作ってみようかな、と思ったけどDirectorがないね…。Windowsのコンポーネントを呼び出すアプリケーションを作る方法もあるけど、そうすると利用者のインストール作業が手間だ。

ところで、これのチェックをするためにDVDを探し回って気づいた。いま、ヘビーなパソコンユーザーってDVDビデオあんまりもってないんじゃないのか…。ぼくはDVDは全部リッピングしてから視ている。うーむ。

聴覚障害者向けには「字幕つけ隊!」のようなアプローチがあるとして、視覚障害者向けにはナレーションサービスというのもありうるね。視覚障害者に同伴して映画館に行き、映写室から眺めてトランシーバでナレーションするというサービスがある。アレのネット版。はっ。しかし、それをやると「同行者は割引料金で映画を楽しめる」という特典が失われる…。

[雑記]   御巣鷹山の真実

at 16:36JST
散歩してたらヘンな映画のポスターを発見した。


いまどき電柱にポスター貼ってる時点で映画としてどこかヘンなのだが。なんか「中曽根は犯罪を犯した!」とか書いてあるので、どこのデンパ右翼だ? とも思ったが、他にも同じ監督の作品リストがあって「腹々時計」って挙がってる。右翼ではないのか。いや、腹々時計って…。監督名をみると渡辺文樹。あー。

渡辺文樹の「御巣鷹山」については以下のサイトが参考になる。

http://d.hatena.ne.jp/tetorapot/20060707

やばい…。観たくなってきた…。

[雑記]   異議あり

at 15:39JST
「獣拳戦隊ゲキレンジャー」のFlashゲーム
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/34192.html?ref=rss
子供向けテレビ番組「獣拳戦隊ゲキレンジャー」を題材にしたFlashゲームの配信を開始した


違うだろ!
平田裕香ファン向けテレビ番組だろ!

(夏のサービスシーンが待ち遠しいぜ)
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。