2007/03/20

[雑記]   全国6千万人の童貞のみなさ〜ん

at 19:03JST
(八奈見乗児さんの声で)

mixiが我々を敵に回すようなバナー広告を掲載しています!

20070320.png


「未経験なのに
 彼女ができた理由」

「童貞でも彼女ができるの!?」
と思わずクリックすると、もちろん悪名高いインテリジェンスの派遣エンジニア向けサイトに誘導されます!

日本語の難しさを逆手に取った悪質な犯行と断ぜざるをえまい。

[雑記]   京成パンダ

at 15:10JST
京成カード - 乗る、買う、タマル。
http://www.keisei.co.jp/keisei/keiseicard/

…なんだか、このまま京成沿線に住んでていいのか自信がなくなってきました。

[木鐸]   ぼくはその方法でサバイバルしたくないんだ

at 06:37JST
絡みたいわけじゃないのだが、また書く。

My Life Between Silicon Valley and Japan - 嵐のような反応を読んで
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20070319/p1
「ウェブ進化論」を「フラット化する世界」や「富の未来」と一緒に読んでくれる読者が多いようだけれど、どの「未来への考察」も大筋では近い方向を指しているわけで、ではそういう未来が2020年頃に顕在化し、かなり大きなインパクトをもって日本社会を変えていくのだとすれば、その「あとの半分」の世界でサバイバルする思考法っていったいどういう考え方なんだろう、ということを今後真剣に考えていきたいと思っているのだ。「直感を信じろ、自分を信じろ、好きを貫け、人を褒めろ、人の粗探ししてる暇があったら自分で何かやれ。」はそのプレビューみたいなものだったんだと思ってください。


どうなんだろ。

ぼくは遠目から
 今回の梅田氏のエントリ
 →それに対する読者の(好意的な)反応
を見ていて、
「ああ、これが梅田氏が“ウェブ進化論”で称揚している未来なのだな」
と相似性なり類縁性なりを感じたのだが、そうしたものがあたりまえになった未来社会でサバイバルしていく、生きていくことは自分にはとても窮屈に思えてしかたない。窮屈というのは、ぼくにその能力がない落伍者という意味で。

具体的に言えば、梅田氏のことばを賞賛し、自分のinterest=利益にかなうものとして盲目的に受け入れ、賛美する人々のものすごい規模の渦だ。この2,3日ではてなブックマークだけで700以上のブックマークを集めた“渦”は、それはインターネットがなければ実現しなかったことだろう。規模は。

しかし、質や内容はといえば別に“旧社会”でもありえたことだ。もちろんテーゼは違うけれど。特定のinterestをもつ人々が、自分たちのinterestを代弁してくれる弁の立つ人物の発言に注目し、熱狂的に支持する。バイアスがかかるのであえて例を出さないが、古今東西、こんな事例は枚挙にいとまがない。そしていい結果も悪い結果も生んできた。

違うのはスピードと規模だけだ。

たまたま
「ネット対“旧社会”」
という構図でネット側に所属するinterestをもつ人々が、梅田氏という多弁なtalentをもつ人を得て、熱狂的に共感してあっという間に大きな渦をつくっていく…。

いっぽうでこの“渦”は、悪弊のほうもスピードと規模を増して持ち合わせている。

たとえば、このあいだ書いたぼくのエントリは珍しく何回かブクマされたのだが、なぜか細かいニュアンスまで把握せず、批判しているコメントがあった(「人をほめろ」というエントリを支持する人がなぜ他人の粗探しをするのかという疑問はさておき)。まあ、ぼくの文章のヘタさ加減や、そもそも論が稚拙なことは大目に見てもらっても、こうした“渦”が
「否定や疑問を許さない性質をもちやすい」
という指摘は、過去のネットでの出来事からうなずいてもらえるんじゃないだろうか。それは「同調圧力」と言い換えてもかまわないはずだ。

同調圧力というならぼくらが所属するこの社会は、とてもこの圧力が強いことでおなじみで。それなら“渦”を形成するすごいパワーをもつ「Web 2.0的未来社会」が旧社会と何が違うのかというと。何も違わないのではないかという不安を覚える。

どうもWeb 2.0的未来社会というのは、
「フラットで、多くの大衆があっという間に“渦”を形成し、
 ときにものすごい同調圧力をかけてくる社会」
なんじゃないか。

すると、そこでサバイバルする方法というのは、
・情報を効率よく消費して、大衆のあいだの“流れ”をすばやく読む
・同調圧力の対象にならないよう、できるだけ大きな渦に入る
ということなんじゃないかとぼくは思う。これはまるで旧社会で重宝されている処世術の「バージョン 2.0」のようだ。

ぼくのような障害者にとってこのサバイバル術はとても負担が大きい。この方法でサバイバルしていくことはできないし、そもそもしていきたくない。

と、ウェブ進化の果ての未来社会を恣意的に描き出すいっぽうで、ぼくは昔、インターネットの普及がまるっきり逆の影響を社会に与えると予想していた。

インターネットにまだ「Web」はなかったころの話だが、AUPなどでバリバリに縛りのかかった細い線を介して、当時国交の希薄だったロシア・東欧の人々とさえ意見のやりとりができるさまを体験した。そこでぼくは
「これは個人の不完全性を解決する道具なのではないか」
と考えた。

圧倒的な低コストで自分の表現を世界に発信できる(これは95年ごろにかなり使い古されたインターネットの説明だ…)ということは、非力な個人を補完し、他の個人・法人・組織と対等にやりあう力を与えてくれるのではないだろうか、と思ったわけだ。

いまちょっと思ったが「発信する」と、Web 2.0的な「つながる」はかなり違うよね…。「つながる」は外部依存性がある感じだ。当時ぼくが思い描いていたものはそれとはまるで逆で、発信するのは「完結している個人」というイメージ。

インターネットによって、あらゆる個人が知的な能力を高め、内省し、そして強力な個人として世界に率先して表現を発信していく…そんな未来を思い描いていた。

そこで必要なサバイバル術というのは先のものとはまったく異なる。
・自分で吟味して情報を収集し、内省してきちんと消化する
・他人の表現は収集・検討する価値のあるものだから、
 多様性は尊重される

無能力者なぼくだが、こういったサバイバル術を使ってひとりで生きていくことならなんとかできそうだ。だから、これでサバイバルする未来社会なら喜んで受け入れたい。

でも、2007年の現在。世界はそうなっているとは言えない気がする。なんとなく、梅田氏のエントリやそれを取り巻く人々の反応からそう感じた。まあ、カンタンに言えばみっともない疎外感でしかないのだけれど。

少なくとも、極端な激文がRSSリーダー経由でよく吟味されずに読まれ、ワンクリックでブックマークされることによる多数決で称揚され、大きな渦があっという間に作られていく…という形態は、ぼくにとってはあまり住みやすい未来じゃない。

どっちにしろ「ぼくにとって」という話だ。世界にとってWeb 2.0的な未来が望ましいのであれば、それでしかたがないのだろう。

なんかめんどくさくなってきたのであんまり推敲せずにやめ。
おふろはいろ。

追記:
あ、そうか。
いや、カンタンにまとめると
「ネットとか“ウェブ進化”とか言っても、
 結局新しい権益グループを作るだけで終わっちゃうんじゃないの?」
ってことか。氾濫してる“マスゴミ”って用語を多用する層みたいな、ね。

個人的には、なんかそれって悲しくって、ネットという道具によって社会構成員全体が完成された強い個人になったらいいのに…って思っているわけだ。なんというか…「上座部仏教的大乗仏教」?
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。