[木鐸]   脱SEO/UAO宣言

at 14:08JST
書店に寄ったついでに、いま悩んでいる「JavaScriptでStyleSheetオブジェクトをいじる」あたりを扱った本を立ち読みしてきた。

個人的にはスタイルシートがからんでいるあたりには、W3C原理主義者がウロチョロしているので関わりたくなかったのだが。この本をチェック。

Styleの操作についてはありきたりのことしか書いてなくてガッカリ。おまけに、
「ロボットに読みやすいページを!」
なんてうたった一節があってブチ切れ。machine readableってやつですな。くだらない。正直言ってバカジャネーノと思う。浅薄なSEO主義と変わりない。だから原理主義者は始末に負えない。

あのね。ロボットに読みやすい文書なんて書いてどうすんだよ。最終的には人間が読むんだよ。人間に読みやすくなくてどうすんだよ。どんなにW3Cの勧告に従ってようが、どんなに“美し”かろうが、読み手が意味をつかめなきゃどうしようもない。平気で「Permalink」なんて用語をblogにちりばめてる脳天気な連中と同じ。ひとりよがりだ。世界はそのひとりよがりな連中とはまったく異質な60億人から成り立ってる。

もちろん、単純に「その60億人に読んでもらえるように努力する」…というのは文章技法とか表現技法とかいうレベルになってしまって幅広すぎる。だからことインターネットに関して言うなら、ぼくが必要だと思うのはこういうmachine readableとかSEO的な観念ではなく、
User Agent Optimization
だ。ユーザーエージェント、つまり「ブラウザに読みやすい」文書を作ることが、Webの世界では重要だと思う。これは過去14,5年にわたって変わってない。Mosaicだのchimeraだのを使ってたころから同じだ。

CSS的に標準に準拠していようが、JavaScriptによって論理構造と見た目を分離しようが、できるだけ多くのユーザーエージェントで
「読みやすい」
文書を提供しなければ意味がない。だって読めないもの。文書を読むのは人間だもの。できるだけ多くのユーザーエージェントで読みやすさ=エクスペリエンスを向上させるには、あえて標準にこだわっていてはできないことのほうが多い。現状では! というか、CSSやJavaScriptに依存しきっているために、ぼくがふだん持ち歩いている携帯のフルブラウザでは読みづらかったり読めなかったりするサイトのなんと多いことか! 
「プレインなHTML部分は読めるからいいのだ」
と反論されるだろうが、そのときにユーザーエクスペリエンスは無視してかまわないのか! そしてまた、高度なレンダリング機能を期待するがために、組込み機器ではメモリ不足で展開できないページもどんどん増えている。それでいいのか! やはり、90年代に多くの開発者が苦労したように、できるだけ多くのユーザーエージェントで読める、できるだけ多くのユーザーエージェントに優しいサイトを作るべきなんじゃないのか。

と、乱雑にメモ。

[雑記]   2076年の町内会

at 13:32JST
書店に行ったら野中英次の新連載が単行本になってた。「クロ高」終わってたのね。マガジンは守備範囲外なので知らなかった。

えー…相変わらずノナーなマンガです。絵もまったくうまくなってません。むしろ劣化している。あと、
「2076年の日本が舞台で、
 電器屋の主人が町内会長になる」
とかいう設定も、まったく活用されていません。町の風景はむしろ90年代です。途中で主人公とぜんぜん関係ないヤツにフォーカスが移り始めるし…なんか「しゃぼてん」か「ドリーム職人」のころを思い出す。

なので、まっとうなギャグマンガを読みたいなどという人は、けっして買ってはいけません。「ドリーム職人はおもしろかった」などと思っている異常者だけが買いましょう。

…すみません。「課長バカ一代」、大判で全巻もってます…。

[雑記]   ASCII.jp

at 04:13JST
1月30日より、アスキーの新しいIT情報サイトとして、 ASCII.jpがオープン致しました。すでにお知らせしておりますように、ASCII24メールはASCII.jpメールへと名称が変更されます。現在ご登録頂いている皆様につきましては、特段の手続きは必要ございません。
ASCII.jpメールの配信につきましては、準備が整い次第、カテゴリーも増強され、レイアウトもより読みやすく改訂してお届けする予定です。ご不便をおかけ致しますが、何とぞご理解賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

というので、見に行ってみた。

旧:http://ascii24.com/
    ↓
新:http://ascii.jp/

…ドメイン移転するほど意味のあるテコ入れには見えない。

そもそもドメインを移るなりURLを変えるというのは、それまで築き上げてきた認知度もブランドも何もかも捨てるということなのに、よくわかってないようだ。移転するよりは既存コンテンツを引き継いでリニューアルしたほうが100倍マシだ。ページビュー、いったんゼロになるんだぞ。会員登録受け付けも停止してるからホントにゼロ。

おおかた、リニューアルするにあたって今までascii24で使ってたCMSでは対応できないと判断し、新システム(MovableTypeベースのなんかとか)導入と共にドメインも移転したというのが真相じゃなかろうか。「blogmag」と称している編集部blogも、typepadのサブドメインでホスティングしているだけだし、見る人が見たら
「人材がないんだな…」
と思うだろうに…。細かいところを見れば、それなりにアクセスのあったはずの「アキバ2Go!」も
http://ascii.jp/cate/6/index.html
などという、いかにもわかってないデザイナーがやっつけました的アドレスになってるし。そのほかの各カテゴリも6とか10とか全部番号だし。アスキーで唯一10年続いているコンテンツの「デジタル用語辞典」はascii24下ドメインのままだし。検索はgooのASPだし、っていうのはまあカッコつけなくてもいいとは思うけどね。

そんでもって、2,3年前に鳴り物入りではじめた
アスキービジネス オンライン
http://ascii-business.com/
との守備範囲切り分けはまったくなされていない。というか放置。ここを放置しておいて新しいサイトを展開するなんていうのはさらさら無謀だろう。まあ、無謀と言うほど経費かかってないだろうけど。

変わらないなぁ…。
泣きたくなってきた。
なんかおもしろいことやりたいよ。

[雑記]   武富智

at 01:13JST
ヤングジャンプの今週号で、武富智の連載が始まってる。「この恋は実らない」。

武富智は、前の「EVIL HEART」でけっこう注目してた。

まあ、女の子がかわいいからなんですが…。とはいえ、男女とも表情の機微がよく出ていて、気持ちを爆発させるところでの迫力がすごいんだよね。ストーリーも若々しい微視的な視点があって。EVIL HEARTはあんまり人気なかったのかすぐ終わっちゃったけど。もったいない。

今回のはおそらく、モテ男が生まれて初めて本気の恋に直面するってパターンかと思う。んー、でも初回でごちそうさまされちゃった女の子がすごくかわいくてもったいない…-_-; どっちにせよ短期連載みたいなのが惜しい。まあ、鋭気を養いながらぽちぽち描いたほうが質は上がるってもんか。

ヤンジャンは、いまおもしろいのは「カウンタック」くらいだなー。「カジテツ王子」もそれなりなんだけど。ネタがニートなのでどうしても俗流若者論っぽいところが出てきてしまうのが鼻につく。

と言いつつ、カウンタックはいま「引きこもり」がテーマになってるんですが。

[技術系]   顧客にEDLINの使い方を解説するマイクロソフトのKB

at 00:19JST
ナレッジベースにこんなのがあった…。

W31:ラインエディタ EDLIN の使用方法について
http://support.microsoft.com/kb/406017/ja

3.1時代はこんなのユーザーサポートが教えてたんだなあ。顧客は思わず
「死ね!」
と言いたくなったことだろう。
さらに過去の記事
2009/04 (1)   2008/12 (3)   2008/11 (9)   2008/10 (10)   2008/09 (20)   2008/08 (2)   2008/07 (23)   2008/06 (16)   2008/05 (22)   2008/04 (11)   2008/03 (21)   2008/02 (20)   2008/01 (21)   2007/12 (32)   2007/11 (37)   2007/10 (46)   2007/09 (63)   2007/08 (33)   2007/07 (41)   2007/06 (81)   2007/05 (173)   2007/04 (168)   2007/03 (113)   2007/02 (123)   2007/01 (92)   2006/12 (111)   2006/11 (185)   2006/10 (20)  

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。